シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Apple(珍しく実物のリンゴらしい、絶妙な薄味加減の甘い香り)

time 2016/02/05

Al Fakher / Apple(珍しく実物のリンゴらしい、絶妙な薄味加減の甘い香り)

香りについて

リコリスの香りの入っていないApple系の香り。
煙を吐いている最中に鼻を抜ける絶妙な薄味加減の甘い香りが、非常に実物のリンゴの果肉部分らしい。
リコリスの香りのしないApple系は各社から出ているが、実物のリンゴらしい香りかと言われると微妙な仕上がりのものが多い。その中ではかなり実物に似た香りだと思う。それでいて、アメリカの会社のフレーバーのようなケミカルさや露骨さが無いので、馴染みが良く身構えずに楽しめる。
実物のリンゴの果肉部分の香りがそう強くないことを考えると、かなり上手い表現だと思う。FumariのFakhfakhinaあたりが好きな人は気にいるのではないかと思う。
AFらしい馴染みの良さで、確かに実物のリンゴを彷彿とさせる香り。非常に美味しい。
 

煙について

煙の量と質はAFの平均。煙のボリュームがあり吸いごたえにボディがある。
タバコ的な重さはAFの平均。一部のDouble Apple系に見られる重さなどは無い。
香りの持ちはAFの平均。もとがやや薄味な割には持ちが良い。
火の調節には少し気を使う必要がある。あまり火加減を強くすると香りが崩れるため、わずかだが他のAFのフレーバーより安定感に欠ける。
Phunnel系でも吸えるが、もとがやや薄味なので、炭の雑味の目立たないシリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせで作るのが無難だろう。その方が火の調節も楽である。
やや弱めの火加減で吸う必要はあるが、煙の量と質は良い。
 

(総評)77点

そもそもシーシャのフレーバーでは香りの薄い果物を表現するのが難しいらしく、何だか分からないがソレっぽい程度の香りになっていることが多い。それを考えると、確かにリンゴの果肉部分を彷彿とさせる香りで良く出来ていると思う。
なお、AFのTwo Appleはマイルドな甘さの強いDouble Apple系だったが、それとは違いリコリスの香りは入っていない。名前こそ似ているが、香りはほとんど別物と言って良い。
やや火加減の調節がシビアなのが残念だが、香りと煙は良い。シリコンボウルとKaloud Lotusを持っているのであれば、非常にオススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031