シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Dark / Blueberry(紅茶系っぽい香りのおかげで独特のコクがあり、他社には珍しい仕上がり)

time 2017/06/07

Trifecta Dark / Blueberry(紅茶系っぽい香りのおかげで独特のコクがあり、他社には珍しい仕上がり)

香りについて

フローラル系あるいは紅茶系のような香りの入ったブルーベリーの香りで、他社には割と珍しい仕上がり。
AFのBlueberryよりスッキリした甘さのBlueberry系:華やかさのあるアッサムティーのような香り=3:2ぐらいか。
そのため、商品名はBlueberryだが、個人的にはブルーベリーの香りで強く着香したフレーバーティーのような香りに感じる。
煙を吐き終える時に華やぎのある香りがするのが特徴的で、一部のEarl Grey系や甘さの少ないJasmine系と近い系統の香りがある。
FSやAB StraightのBlueberryも、こういうフローラル系あるいは紅茶系のような香りのするBlueberry系だったが、それらよりも紅茶系っぽい香りがずっと強い。
なお、このあたりの香りは中盤から徐々に薄れるため、時間とともに馴染みのあるBlueberry系の香りがハッキリしてくる。
Blueberry系としてはかなり珍しい感じの仕上がりだが、ちゃんと上手く形になっている。

煙について

煙の量はTFDの平均。煙の質はTFDの平均か、それにわずかに劣る。
フローラル系あるいは紅茶系のような香りが入っているせいか、いくらかノドに障る感じがあるが、まぁ許容範囲内。
タバコ的な重さはFTDの平均で重め。SBVより重く、Tangiers Noirよりは少し軽いぐらい。
香りの持ちはTFDの平均だが、時間による香りの変化は少々ある。フローラル系あるいは紅茶系の香りが、中盤あたりから徐々に薄れる。
安定感はTFDの平均か、それにわずかに劣る。許容範囲内ではあるが、煙の質を維持しようとすると、やや弱めの火加減を余儀なくされる。
香りの出来は特徴的で面白いが、煙まわりには小さな欠点が散見される。

(総評)77点

紅茶系っぽい香りのおかげで独特のコクがあり、他社には珍しい仕上がりのBlueberry系。
FSやAB StraightのBlueberryと同系統ではあるが、それらよりもフローラル系あるいは紅茶系のような香りが思い切った濃さで、特徴がハッキリとしている。
個人的にはBlueberry系の中ではAFのBlueberry with Mintが一番好きだが、これはこれで上手くまとまっている。
純粋な甘さではない独特なマッタリ感やコクのあるBlueberry系で、他社には無い仕上がりで非常に面白い。
サッパリめのBlueberry系であればナハラ MizoのBlueberryやAFのBlueberry with Mintを、マッタリした甘さのものであればAFのBlueberrySBのBlueberryを選ぶと良いだろう。
ダークリーフのフレーバーの中では、FS CastroのBlack IceSBVのDark Mistも香りに有機的な奥行きがあって良い。
FSのBlueberry IceやAB StraightのBlueberryが好きであれば、これを試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31