シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Banana(紙パックのバナナオレのような香り、煙の質が非常に良い)

time 2016/05/31

Al Fakher / Banana(紙パックのバナナオレのような香り、煙の質が非常に良い)

香りについて

紙パックのバナナオレのような香り。
AFSEのBanana Montanaと比べると少し香りの輪郭がボヤけているが、それでも確かにバナナだとは分かる。
Banana Montanaは煙を吐き終えたあとの余韻に、バナナの身についている白いスジを思わせる渋味のようなテイストがあるが、これには無い。
そういった意味では、Banana Montanaの方が実物のバナナっぽく、こちらの方がお菓子っぽい香りだと思う。ただ、この渋味のようなテイストはそれなりにクセがあるため、どちらが好きかは好みの問題だろう。
個人的には、こちらの方がクセが無くて吸いやすいと思う。香りの輪郭は少しボヤけてはいるが、バナナの香りであることはハッキリと分かるし、なぜか他のAFのフレーバーより煙の質がずっと良い。
ハズレばかりのBanana系の中では、かなり良く出来ている部類。
 

煙について

煙の量はAFの平均か、それより少し良い。煙の質はAFの平均よりずっと良い。
バナナの香りのせいか、煙の質が他のAFのフレーバーよりもきめ細かくウェット。それでいてAFらしいボディのある吸いごたえなので、非常に満足感がある。
タバコ的な重さはAFの平均。香りの持ちもAFの平均。安定感のないものが多いBanana系としては、火の調節も容易。
一応、普段より0.5グラムほど少なめに詰めて、気持ち弱めの火加減で吸うのが、香りや煙の濃さ的に良いと思った。
ストレートやPhunnel系でも吸えるが、面倒が少ないのはやはりシリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせだと思う。
AFらしい吸いごたえの良さと、煙の質の良さを両立している。かなり楽しめる煙。
 

(総評)71点

個人的にBanana系に思い入れは無いが、かなり楽しむことが出来た。
AFSEのBanana Montanaと違って渋味のようなテイストが無いのが良かった。そのぶん香りの輪郭はボヤけ気味ではあるものの、確かにバナナだとは分かるし、クセがなく吸いやすい。
ただ、何だかんだ楽しめた理由は、やはり煙の質が良かったからだと思う。煙の量や質というのは、フレーバーの香りと同じぐらい重要な要素だと思う。
バナナの香り単体のフレーバーは意外と珍しかったりするが、その中では今のところこれが一番好きである。
Banana系が好きであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031