シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Mint(単体で吸うと物足りないが、Mix素材としては優秀)

time 2015/11/09

Fumari / Mint(単体で吸うと物足りないが、Mix素材としては優秀)

香りについて

ほんのりした甘さに、弱めのメンソール感。スペアミントの香りは無い。
一番の特徴は香りではなく、異様なまでにウェットな煙の質。濃霧か雲でも吸っているかのような湿度の煙で、ノド越しが非常に良い。ここまで潤いのある濃密な煙というのは、他社でもほとんど見かけない。
ただ、非常にシットリした吸い心地にミントのメンソール感が負けている印象。そのため、他社のミントと比べると、ミントとしての清涼感は弱い。
ミントの清涼感や香りではなく、煙の質を楽しむためのフレーバー。単体で吸うと物足りないが、Mix素材としては後述のように非常に優秀。
 

煙について

煙の量はFumariの平均だが、煙の質は上記のようにFumariの中でも優秀な部類。
タバコ的な重さはFumariの平均で、全体的に軽め。具体的にはSBより少し軽いぐらい。一番の特徴である煙の質は最後まで続くが、時間が経つとミントの清涼感は消える。おそらく煙の質はグリセリンによるもので、終わりかける頃は、ほぼグリセリンの味。香りの持ちはFumariの平均より少し短いが、焦げることはないので安定感はある。
煙の質が何よりの特徴。非常に面白い。
 

(総評)75点

清涼感や香りではなく煙に重点を置いているあたり、ミントとして少し異質。
好みのフルーツ系のフレーバーと半々ぐらいでMixすると、Mix相手にMist系っぽいテイストを与えることが出来る。個人的なオススメは、ナハラのBlue Berryと1:1ぐらいでMixしたもの。非常に美味しいと思う。単体で吸いたいフレーバーではないが、Mix素材としての使い勝手は非常に良い。
単体だったら60点ぐらいだが、Mix素材としての優秀さも加味して75点の高評価とした。各社がシノギを削る定番ミントで、こういう特徴的なものを出すのは、意欲的だと思う。
Mix素材としては、強くオススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31