シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MustHave / Sea Buchthorn Tea(Grapefruit系やソフトなLemon系のようなサッパリしたCitrus系:Raspberry系=3:1ぐらいの香り)

time 2021/09/10

MustHave / Sea Buchthorn Tea(Grapefruit系やソフトなLemon系のようなサッパリしたCitrus系:Raspberry系=3:1ぐらいの香り)

香りについて

Sea Buckthornは、日本には自生していないオレンジ色のベリー系の果物。
個人的には、Grapefruit系やソフトなLemon系のようなサッパリしたCitrus系っぽい香りとRaspberry系を3:1ぐらいでMixしたような香りに感じた。
どことなくCitrus系っぽい酸味とビターさが前面に立っており、TangiersのPomeloのような香りがメイン。煙を吐き終えるときに、Raspberry系のようなサッパリしたBerry系っぽい香りが少し感じられる。
そのため、MHのBlackberryMHのBarberry Candyあたりの、Blueberry系やRaspberry系とは違うのにBerry系の香りであることがハッキリ分かったものと比べると、何か他のサッパリしたフルーツ系といった香りになっている。
公式の宣材写真では、淡いオレンジ色のベリーにショウガが添えられている。確かに、宣材写真のように何だかノド飴にありそうな香りにも感じられ、カリンのノド飴を少し酸っぱくしたような香りと書いても通じそう。
Sea Buckthornを食べたことが無いので何とも言えないが、とりあえずサッパリしていてクセが無く吸いやすい。名前の割に万人受けしそうな香り。

煙について

煙の量と質はMHの平均。
MHらしいモワッとした煙の質で、酸味などによる少々のノドへの当たりはあるものの、気になる程ではない。Citrus系っぽい香りがメインなのでこんなもんかなという感じ。
タバコ的な重さはMHの平均。最初のキックはTangiersより弱いが、1本を通してみるとTangiersと同じか、それより少し軽いぐらい。まずまずの重さ。
香りの持ちはMHの平均で、他のダークリーフのフレーバーと比べても少し長め。時間による香りの変化は少なく、一定して薄れていく。
安定感はMHの平均か、それより少し良い。強めの火力にすると酸味が少し強く出たりはするが、焦げたりはしにくい。扱いやすい。
ボウルによる香りの出方には少々の差がある。陶器のPhunnel系の方が、酸味やビターさなどのGrapefruit系っぽい香りが強く出て、より全体にキリッとした感じに出る。シリコンボウルだと全体に穏やかめに出る。このへんは好みの問題。
酸味やビターさによるノドへの当たりは少しあるが、他はMHの平均。

(総評)77点

サッパリしたフルーツ系の香りが好きなので、これも楽しめた。
Grapefruit系やLemon系とも少し違う、TangiersのPomeloのような酸味のあるスッキリしたスウィティーっぽい香りなので、Sea Buckthornが何かはともかく、これはこれでアリだと思った。
ただ、商品名はBerry系や紅茶系っぽいが、MHのBarberry CandyのようなBlueberry系やRaspberry系とは違うのにBerry系らしい香りがするものを期待すると、少し外れるかもしれない。
とは言え、Grapefruit系っぽいサッパリした酸味のある香りに、少々のRaspberry系っぽいサッパリした甘い香りの後味で、万人受けしそうな王道のMixといった感じの香りではある。
TangiersのPomeloNu HookahのGrapefruit MintMHのGrapefruit、このあたりが好きならば試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930