シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Oduman Blend / Origami(ほうじ茶とレモングラスを混ぜていれたお茶のような香り)

time 2023/07/07

Oduman Blend / Origami(ほうじ茶とレモングラスを混ぜていれたお茶のような香り)

香りについて

公式の説明では、緑茶とレモンとミントのMixとなっている。割とそれで納得のいく香り。
メインは何かしらの日本茶を模したと思われる香り。緑茶の香りの入浴剤やお香っぽさはあるが、ほうじ茶や番茶のような香ばしさが強めのお茶の香りと言われても、そこそこ納得の香り。
AzBのMatcha Mintなんかよりは、ほうじ茶や番茶のような日本人になじみのある不発酵茶を想像させる香りがちゃんと感じられる。
そこに、ほとんど酸味が無く甘さも控えめなサッパリしたLemon系の香りが混じる。上記のお茶っぽい香りと合わさって、他社からLemongrassみたいな商品名で出ている香りに近い。
Mint系は単に清涼感のみで、煙を吐き終えるときに少しノドがスッとする程度。Spear Mint系の香りやAFのMintに見られたグリーンな香りなどは無い。
そのため、個人的にはほうじ茶とレモングラスを混ぜて入れたお茶のような香りに感じた。まずまず公式の説明で納得のいく香り。
Green Tea系:Lemon系:Mint系=2:1:1ぐらいの配分。いずれの香りも甘さが控えめで、全体にスッキリとまとまっているのが非常に良い。
他社には珍しい香りで、何かの日本茶と言われればそれなりに納得のいく香りも確かに感じられる。良く出来ている。

煙について

煙の量はOdumanの平均。煙の質はOdumanの平均か、それに少し劣る。
他のOdumanのフレーバーと同様、中盤を過ぎたあたりで口の周りに残る感じのグリセリンっぽさが目立つ。その割に火加減によっては少しノドにザラついて障る感じもある。
タバコ的な重さはOdumanの平均。AFと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはOdumanの平均。時間による変化も少ない。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はOdumanの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方に大きな違いは無い。単に陶器のPhunnel系とシリコンボウルの差だな、という感じだった。
他のOdumanより気持ち弱めの火加減で維持しないと、全体的なグリセリンっぽさの割に煙の質がザラつく。あとタバコの葉が緑色に着色されている。この他はOdumanの平均。

(総評)78点

いくつか試したOdumanの中で、個人的にはこれが一番楽しめた。良く出来ている。
煙の質、緑茶の香りの入浴剤やお香っぽさがある点、このあたりには少々の難があるが、それを加味しても抹茶や緑茶をモチーフにしたフレーバーの中では、かなり頑張った方だと思う。
他社には珍しい香りだし、何かの日本茶と言われればそれなりに納得のいく香りが感じられる。口の周りにグリセリンっぽさが残るのは残念だが、全体に甘さが控えめで香りがスッキリした方向にまとまっているのも良かった。
TFDのNatural OrderAF Fusionの3ALA MoodakMHのBaikal、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031