シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MALAKI / Chocolate Mint(背後に少しだけCoconut系っぽい香りが感じられるのが特徴)

time 2023/06/24

MALAKI / Chocolate Mint(背後に少しだけCoconut系っぽい香りが感じられるのが特徴)

香りについて

安い板チョコとココアシガレットの中間ぐらいの香りと言ったところか。
イメージ的には、ココアシガレットとコンビニで売ってる安い板チョコを1:1ぐらいで口に入れてボリボリ噛めば、こういう香りがするかも、という感じ。
基本的にはシーシャのChocolate系だが、AFのChocolateなどに見られるココアシガレットっぽい粉っぽさが少し控えめになっている。
言い切れる程の自信は無いが、背後に少しだけCoconut系っぽい香りが感じられる気がした。おそらくだが、粉っぽさの出るミルクっぽい香りをそれで補っているのではないかと思う。工夫を感じた。
ただ、Chocolate系は何故かダークリーフのフレーバーの方が出来の良いものが多く、上記のような工夫は感じるものの、ダークリーフのそれらと比べると駄菓子っぽさは否めない。ただ、シーシャのChocolate系はどれも実物のチョコレートとは遠い香りなので、その中では割と頑張っている部類。
清涼感はシンプルかつ控えめで、Spear Mint系やグリーンな香りなどは無かった。煙を吐く時に少しだけノドがスッとする程度。
基本的にはシーシャのChocolate系の域を大きくは出ないものの、細部に工夫が感じられて面白い。

煙について

煙の量と質はMALAKIの平均。
中東の会社らしいソリッドな煙だが、粉っぽさが控えめなので、ノドがザラついたりはしない。
タバコ的な重さはMALAKIの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはMALAKIの平均。割とシンプルな香りなので、時間による変化も少ない。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はMALAKIの平均。Kaloud Lotusなどのヒートマネジメントを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方に大きな違いは無かった。シリコンボウルで作る方が少しモワッとした煙の質になり香りとの整合性が取れるが、単にシリコンと陶器の差という感じ。好みの問題。
平均的なMALAKIの煙と言ったところ。

(総評)71点

個人的に思い入れのある香りではないが、最低限の出来はクリアしていると思った。
背後に少しだけCoconut系っぽい香りがあるのが特徴で、これによりチョコレートのミルク感を表現しようとしているのだろうと思う。たぶん。このあたりにはMALAKIらしい細部の工夫を感じた。
ただ、個人的には、Chocolate系はダークリーフの方が出来が良いものが多いと思っている。Lavoo HeritageのMint Frappeなんかは非常に良く出来ていたと思う。とはいえ、このあたりは入手性や重さの点で人を選ぶものが多い。
万人受けや使いやすさなども含めて考えれば、そこそこ香りの輪郭がハッキリしているこれも、悪くない選択肢だと思う。一部のChocolate系のMixに見られるCoffee系っぽい香りもなく吸いやすい。
AFのChocolate with MintAzBのChocolate MintMHのChoco Mint、このあたりが好きならば試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930