シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Margarita(やや硬質で透明感のあるスッキリした薄味のLime系、非常にキレが良い)

time 2018/01/18

Nu Hookah / Margarita(やや硬質で透明感のあるスッキリした薄味のLime系、非常にキレが良い)

香りについて

マルガリータは、テキーラとライムジュースとオレンジリキュールのカクテル。
メインはLime系:Orange系=3:1ぐらいの香りで、そこにアルコールを表現したと思われるテイストが微かに混じる。全体にやや薄味めで、非常にスッキリした仕上がり。
Lime系の香りはSBVのDark Caribbeanと似ており、SBVのFresh LimeTFDのLimeと比べると幾らか香りの輪郭がハッキリせず薄味なものの、そのぶんケミカルさは控えめ。
それでもLime系であることは普通に分かるので、Lime系は香りがハッキリしているとケミカルさが目立ちやすいことを考えると、これぐらいでも調度良い気がする。
煙を吐き終えるときと余韻に、Orange系の甘い香りとアルコールを表現したと思われる少々ビニールっぽい人工的なビターさがホンノリと感じられる。
アルコールを表現したと思われるテイストがあるため、AFと似たミニマルな作りの多いNu Hookahとしては少し人工的な香りという印象だが、GLあたりのカクテル系と比べれば微かなアクセントと言う程度。人を選ぶようなクセは無い。
ちなみに、パッケージには赤い色のカクテルがあしらわれているが、本来マルガリータは無色のカクテル。このへんは謎。Strawberry系やクランベリーみたいな香りはしない。
やや硬質なキレのあるクリアでスッキリしたLime系 Mixと言った香り。割と商品名にも納得がいく。

煙について

煙の量と質はNu Hookahの平均。
AFとFumariの中間ややAF寄りといった煙で、最近のフレーバーとしてはややソリッド。過度なウェットさなどが無く、スッキリした香りとの相性が良い。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。AFと同じか、それより少しだけ重いぐらい。
香りの持ちはNu Hookahの平均より少し短い。時間による香りの変化は少ない。もとが薄味なので持ちは短め。
安定感は問題無い。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは無いと思う。ちなみに、シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、そこまで香りの出に違いは無い。
香りの持ちが短めなのが残念だが、あとは平均的なNu Hookahの煙と言ったところ。

(総評)77点

個人的にカクテル系はあまり好きでないが、これは割と楽しめた。薄味と言えば薄味なのだが、サッパリしていて良い。
アルコールを表現したと思われるテイストが控えめで、GLのカクテル系のようなクセのある強い主張が無く、全体に少々の硬質なキレやアクセントを与える程度だったのが、楽しめた理由だと思う。
Lime系の香りがやや薄味なのも、上記のキレやアクセントとマッチしていて良かった。全体に非常に軽やかでスッキリと仕上がっている。
その日の1本目としては薄味で物足りなく感じる可能性はあるが、2本目とか3本目には調度良いサッパリ加減。
ケミカルさが控えめで、スッキリしたキレの良いLime系を探しているのであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31