シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Blackberry(Black Grape系にCherry系を1~2摘みほど加えたような香り)

time 2017/11/08

Tangiers Noir / Blackberry(Black Grape系にCherry系を1~2摘みほど加えたような香り)

香りについて

少々の渋味があるガッシリした香り。
Black Grape系の香りに、Cherry系の香りを1~2摘みほど加えたような香りだろうか。そこに少々の渋味。
Black Grape系の香りは、ナハラのGrapeやSBのBlack Grapeをグッと濃くしたような香り、あるいはTangiersのRed Grapeから酸味を抜いたような香りだと思う。AFのGrapeのようなWhite Grape系の香りとは大きく異なり、巨峰の皮の部分のようなコクのある甘い香り。
Cherry系の香りは、TangiersのDark Cherryのようなケミカルで少し酸味のあるチェリージャムのような香りだが、そこまで主張は強くない。生の状態のフレーバーを嗅ぐとTangiersのCherry系のような香りがしたので、やはり似たような香料が幾らか使われていると思う。
クランベリージュースのような香りだったTangiersのBrambleberryや、ブルーベリー味のキャンディやガムっぽい香りだったTangiersのBlueberryとは違い、全体に少し渋味が目立つため、よりドッシリしたボディのある香りに感じる。あと、結構ベースの香りが目立つ。
Berry系かと言われると少し疑問で、他社のBlack Grape系を濃くして少し渋味を加えたような香り、あるいはTangiersのRed Grapeに近い香り。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
下記のように火が強すぎると酸味っぽさが出てノドへの当たりが少しハードになるが、弱めの火加減であれば平均的な煙の質。
タバコ的な重さはTangiersの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらい。SBVやAB KFCより重い。
香りの持ちはTangiersの平均で、時間による香りの変化も少ない。こんなもんだろうな、という感じ。
安定感はTangiersの平均か、それに少し劣る。火が強すぎるとTangiersのRed Grapeのような香りになって、Blackberryだか何だか良く分からなくなる。
割とTangiersのフレーバー全般に言えることだが、陶器のPhunnel系よりもシリコンボウルで作る方がベースの香りが目立ちにくく、フレーバー自体の香りを出しやすい。
気持ち弱めの火加減で維持する必要はあるが、他は平均的なTangiersの煙といったところ。

(総評)50点

マズくは無いが、好きな香りでもなかった。
渋味が割と強くTangiersのベースの香りも目立つため、全体になんかタバコっぽいなぁ、という感じ。
SBなど他社のBlackberry系も巨峰のようなBlack Grape系の香りに近いことが多い。それにTangiersのベースを加えた感じ。目新しさは無い。
ブルーベリーとラズベリー以外は、ケーキの上に乗ってるものぐらいしか食べる機会が無いので、再現度が高いかは分からなかった。
Tangiersのベースの香りがあるぶん、これなら他社のBlack Grape系を探した方が無難な気がする。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031