シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Dark Cherry(赤黒いチェリーで作った、やや酸味のあるチェリージャムのような香り)

time 2017/08/04

Tangiers Noir / Dark Cherry(赤黒いチェリーで作った、やや酸味のあるチェリージャムのような香り)

香りについて

赤黒いチェリーで作った、やや酸味のあるチェリージャムのような香り。
TangiersのMaraschino Cherryよりはケミカルなシロップ漬けのチェリーっぽい香りが弱く、TangiersのKashmir Cherryよりは酸味が弱くSpice系のアクセントも無い。
そのため、ジャムや製菓用ペーストを思わせる香りではあるもののの、これら3つのTangiersのCherry系の中では最も馴染みのあるチェリーの香りがする。
ただ、ケミカルなものが多いCherry系の中で割と実物っぽい穏やかな香りであったFumariのCherryやCoco NaraのBlack Pearlなどと比べると、やはりコクの強さや酸味の点で全体にガッシリした仕上がり。
酸味とコクの強いCherry系の香り。基本的には濃口のCherry系が好きな人向けの香り。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
香りにボディがあるため、吸いごたえはガッシリしている。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重め。濃口の香りなので、人によってはTangiersの他のフレーバーより少し重く感じるかもしれない。
香りの持ちはTangiersの平均より長い。時間による香りの変化も無い。もともと非常にガッシリした濃口の香りであるため持ちが良く、最後まで一定して香る。
安定感も問題無い。強めの火加減で維持していると酸味が少し強く出たりはするが、相応してCherry系の香りも濃く出るため、崩れたりしにくい。
良くも悪くもボディのある香りとマッチした、ガッシリした吸いごたえ。香りの持ちや扱いやすさは良い。

(総評)62点

個人的にCherry系が苦手であるため、TangiersのKashmir CherryやMraschino Cherryと同様、好きな香りではなかった。
一応、Maraschino Cherryのようなクセが無く、Kashmir CherryのようなSpice系のアクセントも無いので、TangiersのCherry系の中では最も素直な香り。
ただ、Kashmir Cherryの穏やかなSpice系のアクセントにも一定の良さがあると思うので、これとKashmir Cherryのどちらが好きかは好みの問題だと思う。
個人的には今まで試したCherry系の中では、Coco NaraのBlack Pearlがクセが無く穏やかで美味しいと思ったが、残念ながら今は入手が難しい。
入手性の良いものであれば、クセやエグさの無いAFSEのLovely CherryFumariのCherryあたりが、ファーストチョイスとして無難だろう。
ちなみに、これはHookah-Shisha.comの15周年記念のフレーバーなので、そのうち買えなくなると思う。気になるなら急いだ方が良い。
もっとも、店での様子を見るに、あまりCherry系は日本人には人気がないようなので、基本的にはちょっとオススメしにくい。
Cherry系が好きで、とにかく濃口でガッシリしたCherry系を探しているのであれば、試してみても良いかもしれない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930