シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Maraschino Cherry(昔っぽいパフェやカクテルに乗ってる、シロップ漬けのチェリーの香り)

time 2017/08/03

Tangiers Noir / Maraschino Cherry(昔っぽいパフェやカクテルに乗ってる、シロップ漬けのチェリーの香り)

香りについて

昔っぽいパフェやカクテルに乗ってる、シロップ漬けの真っ赤なチェリーの香り。
わずかに酸味があるが、TangiersのDark CherryKashmir Cherryと比べると、ずっと弱め。
商品名になっているマラスキーノチェリーは、チェリーをシロップやアルコールや香料に漬け込んだものなので、確かに再現度は高い。
多くのマラスキーノチェリーはアーモンドの香りで着香するようで、そう言われてみると煙を吐き終えた後の余韻が少しそれっぽい気もするが、気のせいレベル。
他社のCherry系にもこういうケミカルな香りのものが散見されるが、それらと比べても群を抜いてシロップ漬けや缶詰のチェリーっぽさが強い。
うろ覚えだが、たしかNirvanaのSmoking Deadがこれと良く似た、非常にケミカルなCherry系の香りだった。
クセの強い香りのなので基本的にはオススメしにくいが、アマレットなどが好きなら。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
下記のように強めの火加減にすると少し酸味が出るが、それでも割とソフトなので煙の質は問題無い。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重め。香りが濃くボディがあるので、人によっては実際以上に重く感じるかもしれない。
香りの持ちはTangiersの平均より長く、香りの変化も少ない。もとの香りが濃くハッキリしているからだろう。
安定感は問題無い。強めの火加減にすると少し酸味が強く出るが、もとがハッキリした香りなので、崩れたりはしにくい。
香りのクセはともかくとして、香りの持ちや扱いやすさは良い。

(総評)45点

個人的に極めて苦手な香りであるため、点数はかなり低め。
商品名が非常にシックリくる香りで、好みかどうかは別として、やたらに再現度が高い点では良く出来ている。香りの持ちや扱いやすさも良い。
Cherry系として扱うにも少し異色の出来であるため、他社のCherry系との比較が難しいが、NirvanaのSmoking DeadやGLのCherry Amarettoあたりが好きなら、もしかしたら気に入るかもしれない。
もっとも、クセの無さや吸いやすさの点を考えると、Cherry系ではAFSEのLovely CherryFumariのCherryあたりがファーストチョイスとしては無難だと思う。
Cherry系が好きで、ケミカルさが気にならず香りの輪郭がハッキリしているもの、ややクセはあるが一風変わったものを求めているのであれば、これも良いかもしれない。
クセが強く一般受けする香りとは思えないので、基本的にはオススメしない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30