シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Pineapple Guava(Pineapple系:Guava系=2:1ぐらいのMix、無難に良く出来ている)

time 2020/06/29

Trifecta Blonde / Pineapple Guava(Pineapple系:Guava系=2:1ぐらいのMix、無難に良く出来ている)

香りについて

商品名のとおり、Pineapple系:Guava系=2:1ぐらいのMix。
メインはパインアメっぽい甘めのPineapple系の香りで、TFBのP3と似ている。ただ、P3はパインが7-8割を占めていたため、それよりも少し甘さが控えめ。
SBのBlue Surferよりは駄菓子っぽい香りが控えめだし、AFのPineappleよりずっと香りの輪郭がハッキリしていて良い。
ちなみに、TFDのPineappleなど幾つかのPineapple系は、開封直後だと気管支が痛くなるような煙の質だったりするが、そういったことは無い。
Guava系はさっぱりしててキレの良い青臭さが少々という感じで、Pineapple系に押されていて細部までは分からないものの、他社のGuava系によくある香り。
輪郭がハッキリした甘めのPineapple系に対して、Guava系に特有の青臭さが良いアクセントになっており、全体を少し引き締めている。
典型的なPineapple系とGuava系をMixした香りだが、個々の香りの出来に目立った欠点などが無く、Mixのバランスも良い。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
TFBらしいややモワッとした煙の質なので、幾つかのPineapple系は気管支が痛くなるような煙の質なので、それらと比べればずっと良い。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。時間による香りの変化は少なく、どちらの香りも一定して時間とともに薄れていく。
安定感はTFBの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。割と適当で大丈夫だった。
なお、シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも香りの出方に大きな違いは無かった。
平均的なTFBの煙。煙の質が問題になりがちなPineapple系が入っていることを考えれば、煙の質は優秀。

(総評)75点

商品名まんまのMixだったが、意外と楽しめた。
TFBのP3もPineapple系がメインのMixだったが、個人的にはこちらの方が好きだった。こちらの方がP3よりも個々の香りがハッキリしており、香りに焦点がある。
パインアメっぽい甘めのPineapple系の香りがMixされることでクドくない程度に薄まっており、なおかつ煙を吐き終えるときのGuava系に特有の青臭さによって少し引き締められている。
個々の香りに目立った特徴があるわけでは無いが、そのぶん欠点などもなく無難に良く出来ていた。甘めのPineapple系に対するGuava系の青臭さの濃さなど、Mixのバランスも良かった。
Nu HookahのPineappleAzBのIsland City Blendあたりの無難に良く出来たPineapple系やMixが好きで、Guava系が苦手でないなら、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031