シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Dark / Lime(SBVのFresh Limeと似ているが、それより少しだけケミカルさが控えめ)

time 2017/11/09

Trifecta Dark / Lime(SBVのFresh Limeと似ているが、それより少しだけケミカルさが控えめ)

香りについて

アメリカの会社によくあるLime系だが、ややケミカルさが控えめ。微かなビターさが良い。
実物のライムの香りを考えると、やや皮の部分っぽい香りが強調されている感があるが、それは他社のLime系も同様。
SBVのFresh Limeと非常に似ているが、それより少しだけケミカルさが控えめな印象。SBのPirate’s CaveやTFDのDeja Dewのようなドギツさは無い。
Lime系は、香りがハッキリしているとケミカルさが目立ちやすく、ケミカルさを抑えると香りの輪郭がボヤける傾向にあると思う。
これに関しては、Lime系らしい香りがハッキリしている割にSBVのFresh Limeよりケミカルさが少しだけ控えめで、割と上手な落とし所だと思った。
ただ、ハッキリした香りだがベースの香りの強さでケミカルさを押さえ込んでいたTangiersのNew Limeと比べると、ややケミカルさは目立つ。
アメリカの会社によくあるLime系の香りなので目新しさは無いが、香りのハッキリしている割にややケミカルさが控えめな点で、悪くないバランス。

煙について

煙の量と質はTFDの平均。
Citrus系ではあるが、AFのLemonのようなハードなノドへの当たりなどは無く、過度なウェットさの無い最近のアメリカの会社っぽい煙の質。
タバコ的な重さはTFDの平均。おおよそSBVと同じか、それより少し重いぐらい。
香りの持ちはTFDの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく感じ。
安定感は問題無い。一部のTFDのフレーバーのような扱いにくさは無く、Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは少ないだろう。
シリコンボウルよりも陶器のPhunnel系で作る方が、モワッとした甘さが少し控えめで全体にキリッとした香りになる。個人的には、陶器のPhunnel系の方がLime系らしくて良いと思う。
使うボウルでいくらか香りの出が変わるが、その他は平均的なTFDの煙。

(総評)79点

アメリカの会社によくあるLime系の香りなので目新しさは無いが、バランスは悪くないと思った。
SBVのFresh Limeよりもケミカルさが控えめで良い。もっとも、このへんは好みの問題で、どちらか1つあれば事足りる気がする。
個人的にはLime系ではTangiersのNew Lemon-Limeの香りが一番好きだが、タバコ的な重さの点ではこれやSBVのFresh Limeの方が無難。
タバコ的に重いのが大丈夫でケミカルさが控えめのものであればTangiersのNew Lemon-Limeを、ライムやシトラス風味の炭酸飲料のようなケミカルなLime系であればSBのPirate’s CaveTFDのDeja Dewを選ぶと良いだろう。
ややケミカルだがFSやFS Castro’sのCuban Mojitoよりはカクテルシロップっぽさが控えめなLime系を探しているのであれば、これやSBVのFresh Limeを選ぶと良いだろう。
SBVのFresh Limeが好きであれば、気にいる可能性は非常に高い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31