シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Mint(ホンノリした甘さと、後味の少しビターな香りが特徴)

time 2018/05/17

Al Fakher / Mint(ホンノリした甘さと、後味の少しビターな香りが特徴)

香りについて

ホンノリした甘さと、後味の少しビターな香りが特徴。
後味に少しビターさのあるグリーンな香りがするのが特徴で、ミントの葉を噛んだような草の汁っぽい香りと言われれば、それなりに納得。
清涼感は強すぎず弱すぎずと言ったところ。最近のアメリカの会社のMint系のようなクリアで強烈な清涼感では無く、どことなくマットさがあり穏やか。
他社のウォッシュドのMint系と比べると、清涼感以外のグリーンな香りが少し強め。ホンノリした甘さも手伝って、清涼感以外にも味わう部分があって良い。
Nu HookahのMint系などは割とグリーンな香りが強めで、やはり少なくない数の他社のMint系がこれを下敷きにしているな、と思う。
シンプルで飽きのこない香り。Mint系の1つの典型であり原型、こういうもの。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
清涼感のおかげでスムーズながら、AFらしい満足感のある吸いごたえ。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均。時間とともに多少薄れはするものの、割と清涼感の持ちは良い。
安定感はAFの平均か、それに少し劣る。あまり火加減が強すぎると、変な酸味が出て崩れる。
AFらしい満足感のある煙。

(総評)95点

AFの看板商品で、どの国に行っても絶対にこのフレーバーにはお目にかかる。
たいていのアラビックは、Two AppleかこれかGrapeかGrape with Mint、このどれかを吸っている気がする。やはりこういうものとして美味しい。
この他に個人的に好きなMint系をダークリーフのもの込みで挙げると、AF GoldenのFresh Mint、AB KFCのMoonShine Mint、TangiersのCane Mint、Nu HookahのStrong Mintあたりだろうか。
AF GoldenのFresh Mintは、これよりグリーンな香りが控えめで微かにCream系に似たテイストもあって全体に穏やか。
AB KFCのMoonShine Mintは、控えめな甘さとダークリーフのビターな香りで全体に非常にキリッとしている。
TangiersのCane Mintは、ホンノリした甘さと少し強めの清涼感がクセのあるTangiersのベースの香りと非常に良くマッチしている。
Nu HookahのStrong Mintは、最近のアメリカの会社っぽい鮮烈な清涼感とクラシックなMint系らしいグリーンな香り、新旧のMint系の特徴を兼ね備えている。
色々なMint系の原型。シンプルながら飽きのこない味わいで、日用品として優秀。やっぱり良く出来ている。一般教養。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031