シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Grape with Mint(AFのGrape:AFのMint=1:1ぐらいのMix)

time 2018/05/10

Al Fakher / Grape with Mint(AFのGrape:AFのMint=1:1ぐらいのMix)

香りについて

AFのGrape:AFのMint=1:1ぐらいのMix。
AFのMint系のMixは、どれもメインの香りにAFのMintを混ぜただけのものだが、これも同様。
AFのGrapeは、甘さは強いがサッパリした何かフルーツっぽい香りで、煙を吐き終えるときの少々の酸味か渋みのようなテイストが特徴。
UglyのGrape MintNu HookahのGrape MintよりGrape系の香りの甘さが強く、ややMint系のグリーンな香りも強いため、全体にボディを感じる。
他社のGrape Mint系より少しボディが強めだが、Mint系のグリーンな香りによって少々の酸味と渋味のようなテイストや甘さが抑えられており、AFのGarpeよりはクドさを感じにくい。
AFのGrapeとAFのMintを吸ったことがあれば、容易に想像できる香り。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
それなりに甘さは強いがMint系の清涼感によって抑えられており、AFらしいソリッドで満足感のある煙ながら、ノド越しは割とスムーズ。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均。AFのGrapeほどでは無いが、中盤を過ぎたあたりで酸味や渋みのようなテイストが少し前に出てくるので、時間による香りの変化は少々。
安定感はAFの平均に少し劣る。AFのMintと同じで、あまり火加減が強すぎると変な酸味が出て崩れる。気持ち弱めの火加減で維持するのが良い。
AFのGrapeとAFのMintを混ぜたフレーバーだな、という煙の質。やや安定感に欠ける。

(総評)76点

どこの国に行っても見かける定番の1つ。
どこの国でも、AFのTwo Apple、AFのGrape、AFのMintは置いてあり、自分で混ぜればいいのでは?と思うが、これも置いてあることが多い。
UglyのGrape MintNu HookahのGrape Mintと比べると、こちらの方がGrape系の香りの甘さが強く、いくらかマッタリめというかクドめ。
ちなみに、TFDのTrue GrapeはSpear Mint系の香りが入っていて、他社のGrape Mint系とは少し違った仕上がりで面白かった。
普通にAFのGrapeとAFのMintを混ぜた香りなので、別々に買って自分で混ぜた方が、用途が広い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930