シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Spectrum Classic / Berry Drink(Blueberry系:Melon系=1:1ぐらいのMix、スッキリしたキレの良い仕上がり)

time 2023/12/12

Spectrum Classic / Berry Drink(Blueberry系:Melon系=1:1ぐらいのMix、スッキリしたキレの良い仕上がり)

香りについて

個人的には、Blueberry系:Melon系=1:1ぐらいのMixだと感じた。
ただ、公式HPなどを見ると、祖母が作ってくれた野生のベリーのシロップみたいなことが書いてある。メロンの文字は無かった。
メインは確かにBerry系の香りで、アメリカの会社から出ているサッパリめのBlueberry系という感じ。UglyのBlue Magicと似ているかもしれない。他社からBlack Berryみたいな名前で出ている、マッタリしたコクのあるBerry系の香りはしない。
それと同じぐらいの濃さで、煙を吐くときにMelon系のような甘い香りとウリ臭さのキレ感が感じられる。アメリカの会社の一部のMelon系に見られる、ウリ臭さの部分が少しケミカルなタイプだと思った。TangiersのRefreshing Melon Berryと似ている。
このキレ感の部分に少々のケミカルさはあるが、そこまで強いクセは無い。サッパリめのBlueberry系の香りにこのキレ感が合わさり、全体にスッキリしたキレの良い仕上がりになっている。
多くの人はBlueberry系とMelon系のMixだと感じるであろう香り。

煙について

煙の量と質はSPECTRUMの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。気持ち低めの温度で維持したTangiersと似た吸いごたえ。
タバコ的な重さはAFと同じか、それよりほんの少し重いぐらい。ダークリーフの中では軽めの部類で、多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
香りの持ちはSPECTRUMの平均。時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく感じ。
安定感はSPECTRUMの平均。割と高温にも耐えるので扱いやすい。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方に大きな差はない。一応、陶器のPhunnel系で作る方が少しサッパリめに出るので、その方が香りとマッチしているかもしれない。このへんは好みの問題。
平均的なSPECTRUMの煙と言ったところ。扱いやすい。

(総評)75点

ややケミカルな感じがあるなとは思ったが、キレが良くサッパリしているので普通に楽しめた。
Blueberry系とMelon系のMixみたいな香りと書くと、マッタリした香りのような印象だが、スッキリしたキレの良い仕上がりだった。
公式HPには祖母の手作りシロップジュース的なことが書いてあるが、それにしては人工香料モリモリの外国の清涼飲料水という感じだな、などと思った。
もしかしたら、ややケミカルな感じのキレはMelon系のウリ臭さではなく、メギの実 (Barberry) などのロシアのフレーバーに散見されるマイナーなBerry系の香りの表現かもしれない。そういえば、MHのBarberry CandyFizzy Dizzyなんかは、クスリっぽいキレ感があった。良く分からない。
いずれにせよ、TangiersのRefreshing Melon Berryなどの一部のアメリカの会社のMelon系に使われている香料と近い香料が使われているだろうとは思う。
TangiersのRefreshing Melon BerryMHのMelonade、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031