シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Eclipse / Rigel(フルーツ系の香りで甘めに着香したフレーバーティーのような感じ)

time 2023/09/28

Nirvana Eclipse / Rigel(フルーツ系の香りで甘めに着香したフレーバーティーのような感じ)

香りについて

パッケージのシールには Mango + Melon + Peach と書いてある。
そう言われると確かに、Mango系:Melon系:Peach系=3:3:2ぐらいのMixであるようにも感じる。
ただ、何も考えずに吸うと、甘めに着香されたフルーツティーのような香りに感じる。ルピシアあたりの手頃な価格のフレーバーティーにありそうな香り。
Melon系の香りがNirvana EclipseのCarinaと同じで、他社のMelon系と比べると外れた位置にいる香り、どことなく香草っぽさのある香りなのが、フルーツティーっぽい仕上がりになっている理由じゃないかと思う。
あと、これだけ他のNirvana Eclipseよりもベースの香りが強く、渋めの紅茶のような香りがしたのも、理由かもしれない。LavooのAdam&Eveなんかと似たベースの香りで、言われてみるとカットは違うがタバコの葉の色やシロップの性状もそれと似ている。
意識して吸えばMelon系っぽい香りは感じられるが、基本的に個々の香りは拾い上げにくい。よく言えば一体感がある、悪く言うと漠然とフルーツっぽい何かのミックスといった香り。
全体としては何となくフルーツティーのような香りに仕上がっているので、そういうものと割り切ればアリな香り。

煙について

煙の量と質はNirvana Eclipseの平均。
ややウェットさの強い煙で、わずかだが後半にグリセリンっぽさが口の周りに残る。
タバコ的な重さはNirvana Eclipseの平均より軽い。Lavooみたいな明るい茶色でカットが非常に細かい葉だった。AFと同じか、それより少し重いぐらい。
香りの持ちはNirvana Eclipseの平均。序盤のみ微かに紅茶っぽい香りが強い気がしたが、基本的に時間による香りの変化は少ない。一定して薄れていく。
安定感はNirvana Eclipseの平均。割と高温にも耐えるので、Kaloud Lotusを使っているのであれば適当で大丈夫。
シリコンボウルと陶器のPhunnel系で、香りの出方に大きな違いは無かった。一応、陶器のPhunnel系で作る方が煙のキレが良く、特徴と思われる香草っぽい香りあるいは紅茶っぽい香りが分かりやすく出た。とはいえ、陶器とシリコンの差という感じなので、好みの問題。
Lavooみたいな葉のNirvana Eclipseの煙だな、という感じ。

(総評)66点

強いクセや吸いにくさがあるわけではないが、Nirvana EclipseのCarinaに続き、やや独特だと思った。
パッケージのシールに書いてある Mango + Melon + Peach のMix、そのまんまという香りはしない。好みかどうかは別として、意外性はあった。
あと、これだけ他のNirvana Eclipseよりベースの香りが強く、一部のLavooと似ているのも謎だった。このあたりは 「Nirvana Eclipseについての細々したこと」 の記事に少し書いたが、正直なんだか良く分からない。
もっとも、ベースの香りの強さなど込みで、フルーツ系の香りで甘めに着香したフレーバーティーのような香りと思えば、やや渋好みな感はあるものの一定の形にはなっている。
Nirvana EclipseのCarinaTFDのNatural Order、このあたりが好きならば試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031