シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers / Kashmir(タイムやレモングラスなどのスッキリした香草のような香りに、Spice系が少々)

time 2017/10/02

Tangiers / Kashmir(タイムやレモングラスなどのスッキリした香草のような香りに、Spice系が少々)

香りについて

非常にスッキリしたタイムやレモングラスなどの香草のような香りと、ターメリックに似たSpice系の香り。
Tangiersからは、Kashmir BlueやKashmir CherryやKashmir Guajavaなど、Kashmirと名のつくフレーバーが幾つか出ている。これらのフレーバーには共通してターメリックに似たSpice系の香りが入っていたが、Kashmirからもその香りがする。
ただし、ターメリックのようなSpice系単体では無く、タイムやレモングラスなどのスッキリした香草のような香り、あるいはEarl Grey系に少し似た紅茶系やフローラル系のような香りが結構強めに入っている。おおよそ、この香り:ターメリックに似たSpice系の香り=4:1ぐらいの比率だと思う。
そのため、他のKashmirと名のつくフレーバーより、全体に非常にスッキリとしていて不思議なキレの良さがある。
香り自体は異なるが、甘さが控えめで独特なキレのある香草や香木っぽい香りという点で、Pan Razna系に近い系統の香りだと個人的に思う。
ややクセはあるが不思議とキレが良く、妙にクセになる香り。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均より少し良い。
他のTangiersのフレーバーより少し煙の質がきめ細かでスムーズな印象。Spice系ではあるがチクチクした感じなどは無い。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいの重さ。SBVやAB KFCより重い。
香りの持ちはTangiersの平均より長い。元の香りがハッキリしているため、持ちは長く感じる。
時間による香りの変化は少々。中盤を過ぎたあたりで、香草や香木っぽい香りが少し先に薄れ始めるため、ややキレ感が鈍る。気になる程では無い。
安定感はTangiersの平均より良い。Kaloud Lotusを使っているのであれば、適当で大丈夫。火の調節で苦労することは少ないだろう。
煙の質、扱いやすさなど、全体的に優秀な煙。

(総評)点

個人的にSpice系は苦手なのだが、これは意外と好きな香りだった。
というか、Tangiersから出ているKashmirと名のつくフレーバーの中で、これが1番好きだった。ちなみに2番目に好きなのはKashmir Guajavaである。
他のKashmirと名のつくフレーバーはメインが甘めのフルーツ系の香りであるため、そこにターメリックに似たSpice系の香りがかぶってクドいと感じたが、これは独特のキレのあるスッキリした香りがメインであるため、そういったことが無い。煙の質や扱いやすさも良かった。
もっとも、このあたりは好みの問題だと思う。ボディのあるマッタリめのSpice系の香りが好きであれば、これよりTangiersのKashmir BlueやKashmir Guajavaが良いだろう。
甘さが控えめで独特なキレのある香草や香木っぽい香りという点で、Nu HookahのPan Raznaなどと近い系統の香りだと思う。
クセはあるが慣れると妙にハマる香りだと思う。Pan Razna系が好きなら試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930