シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend / Key Lime Mint(絶妙な薄味さで、ケミカルさやワザとらしさが少ない)

time 2016/03/01

Alchemist Blend / Key Lime Mint(絶妙な薄味さで、ケミカルさやワザとらしさが少ない)

香りについて

ABのCitrus Mintと比べると、ビターさや酸味のようなテイストが控えめで少し甘さが強いライムの香り。やや全体に薄味め。
Citrus Mintと比べると少し甘さは強いが、SBのPirate’s Caveのようなマッタリした甘さは無い。実物のライムのことを思えば、納得のいくスッキリした香りの薄さ加減。
そこに、ノドに冷たさを感じるシャープな清涼感が混じる。ABのMint系はどれもナハラMizoのMintを思い出させるキレのある強い清涼感が特徴的だが、これも同様。
SBのPirate’s CaveやSBVのFresh Limeと比べると、ケミカルさが非常に少なく香りにワザとらしさが無い。その割に、レモンかライムか良く分からない香りのAFのMojitoと比べると、確かにライムらしい香りがする。
シャープなMint系に一摘みだけアクセントでCitrus系を加えた定番Mixのようなバランスで、非常にスッキリまとまっている。
Mixのバランスが良く、絶妙な薄味加減もかえって実物のライムらしい。美味しい。
 

煙について

煙の量や質はABの平均。ノドに障る感じの出やすいCitrus系ではあるが、煙が非常にきめ細かでスムーズ。
タバコ的な重さはABの平均か、それよりわずかに軽い。サッパリした香りのため、実際以上に軽く感じた可能性がある。
キリッとしたシャープな清涼感のおかげで、タバコ的に軽く煙の質もスムーズな割に、吸いごたえに満足感があって良い。
香りの持ちはABの平均より少し短い。清涼感の持ちは長いが、Lime系の香りが薄れてグリセリンの無臭な甘さが目立ち始めるのが少し早い。
安定感は非常に良い。シリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせであれば、かなり適当に調節していても焦げることは無い。強めの火加減にしても、香りと清涼感とが強く出るだけで、崩れたりしない。
香りの持ちに若干の不満があるが、煙の質や吸いごたえは良い。
 

(総評)80点

もう少しライムの香りが濃くても良かったが、そうするとCitrus Mintとの違いが無くなりそうなので、これで調度良いと思う。
個人的には、ABのCitrus Mintの方が酸味やビターさのようなスッキリしたテイストがあるので好きである。また、Lime系であれば、煙のボディやタバコ的な重さの調度良さからAFのMojitoが一番好きである。
とはいえ、分かりやすくドーン!という感じのフレーバーが多いアメリカの会社としては、非常に絶妙な香りの薄味加減で好印象。アメリカの会社は変な香料や多様なMix方面に攻め込むことは多くても、このフレーバーのように薄味さによる引き算的なバランスで攻め込むことは少ない。そのあたりを考えると、地味に思い切った作りで、非常に良く出来ている。
香りの濃さや持ちに多少の物足りなさを感じることもあったが、何だかんだかなり楽しめた。Lime系の中ではアタリだと思う。
シャープでスッキリした香りが好きであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031