シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Darkside Core / Mango Lassi(ワックスっぽいツンとしたテイストが強め、Mango系の1つの典型といった香り)

time 2024/03/30

Darkside Core / Mango Lassi(ワックスっぽいツンとしたテイストが強め、Mango系の1つの典型といった香り)

香りについて

ツンとした爽やかな香りと少々の酸味のあるフィリピンマンゴーのような、Mango系単体に近い香り。
多くのMango系に見られるワックスっぽいツンとしたテイストがやや強めなのが特徴。AFのMangoあたりを思い出させる、クラシックなシーシャのMango系の典型といった香り。
ラッシーと言われて探してみると、奥の方に微かにCream系っぽいテイストが感じられる気もしなくはないが、トロンとしたトロピカルフルーツっぽい甘さの一部を取り違えただけという気もする。その程度。
少なくとも、AzBのMango CheeseCakeTFBのMango Smoothieなどに見られた、分かりやすいCream系のテイストは無いと思う。
ちなみに、DarksideのFalling StarもMango系だったが、そちらはワックスっぽいツンとしたテイストが控えめでCream系っぽいテイストが少々あり、AzBのMango CheeseCakeTFBのMango Smoothieなどと少し似ていた。個人的には、DarksideのFalling Starと商品名を逆にした方がしっくりくるのでは?と思ったりした。
色々と試している人であれば、どこかで吸ったことのあるMango系だと感じるだろう。基本に忠実。

煙について

煙の量と質はDarksideの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。Tangiersより少しだけウェットかな、という感じの煙。
タバコ的な重さはDarkside Coreの平均。AFと同じか、それより少し重いぐらい。多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
香りの持ちはDarksideの平均で、時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく。
安定感はDarksideの平均。シロップが多いダークリーフのフレーバーという感じで、他社のそれと同様に結構な高温に耐える。
ボウルによる香りの出方に大きな差はなかった。個人的には、陶器のPhunnel系で作る方がフレーバーの特徴がより分かりやすく出るように思うが、このへんは好みの問題。
平均的なDarksideの煙といったところ。

(総評)71点

個人的に多くのMango系に見られるワックスっぽいツンとしたテイストが苦手なので、これも少し苦手だった。
とはいえ、店での消費傾向を見ているとこのへんは気にならない人の方が多そうなので、単に個人の好みの問題だと思う。商品名の割に基本に忠実なMango系なので、AFのMangoが大丈夫ならこれも大丈夫だろう。
個人的には、Cream系っぽいマッタリしたテイストが分かりやすく入っていたDarksideのFalling StarやAzBのMango CheeseCakeなんかの方が、これよりもMango Lassiみたいな商品名が似合うような気がした。
DarksideのFalling Starは少々のCream系っぽいテイストがあって丸みのある甘さが強めだったのに対し、これはツンとしたテイストが強めのMango系なので、Darkside内での差別化はできていると思った。
AFのMangoあたりのオーソドックスなMango系が好きならば、これを試す価値はある。無難かつ手堅い出来。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031