シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist KFC / Good Ol Melon(クラシックなWatermelon系にクラシックなMelon系を少しだけMixしたような香り)

time 2018/02/08

Alchemist KFC / Good Ol Melon(クラシックなWatermelon系にクラシックなMelon系を少しだけMixしたような香り)

香りについて

ややマッタリした甘さが強めのクラシックなWatermelon系。
少しだけ後味に最近のMelon系に似た甘さがあるのが特徴で、クラシックなWatermelon系としてはややマッタリした甘さが強い。
クラシックなWatermelon系としては少し甘さが強いものの、クラシックなWatermelon系に特有のスカスカしたキレがある点、いくらか後味にMelon系に似た甘さがあり少しメリハリがある点で、やはりSBやFumariのような後発のWatermelon系とは異なる香り。
ウリ臭さの感じはAB StoutのBlack Moon Melonと似ており、ナハラ MizoのWatermelonやUglyのWatermelon MintのようなクラシックなWatermelon系に特有のスカスカしたキレの良さがある。
ただ、少しMelon系に似た香りがあるせいか、ナハラ MizoのWatermelonやUglyのWatermelon Mintと比べると、ウリ臭さの感じに少しAFのMelonの青臭さを足したようなコクを感じる。
クラシックなWatermelon系にクラシックなMelon系を少しだけMixしたような香り。

煙について

煙の量はAB KFCの平均。煙の質はAB KFCの平均か、それに少し劣る。
甘さの力強さのせいか、クラシックなWatermelon系に似たウリ臭さのせいか、序盤の煙の質にはナハラのWatermelonを思い出させるドライさが少しある。
タバコ的な重さはAB KFCの平均。おおよそAFの1.4倍ぐらいの重さ。SBVと同じか、それより少しだけ重いぐらい。
香りの持ちはAB KFCの平均。それなりに濃いめの香りではあるが、それによって特別に持ちが長いという印象は無い。
安定感はAB KFCの平均か、それにわずかに劣る。序盤は火加減が強すぎると煙の質が粗くなるので、本調子になったら少し弱めの火加減で維持し始めるのが無難。
シリコンボウルで作るとマッタリした甘さが強く出て、陶器のPhunnel系で作ると少しサッパリめに出る。陶器のPhunnel系で作る方がWatermelon系っぽさが強く出るが、シリコンボウルで作る方が煙の質は無難。
序盤の煙の粗さが少し気になる。その他はAB KFCの平均といった煙。

(総評)76点

香り自体は割と好みだった。
ただ、陶器のPhunnel系で作る方がクラシックなWatermelon系らしさが出るが、シリコンボウルで作る方が煙の質が良く、このへんは少し面倒だと思った。
とは言え、Watermelon系単体と言うよりWatermelon系とMelon系のMixと言う方がシックリくる香りではあるものの、ダークリーフでWatermelon系単体に近い香りというのは意外と珍しいので、その点でも一応の価値があると思う。
ちなみに、OlはOldの田舎っぽい口語らしいので、全体にクラシック寄りな香りなのも何となく納得がいく。
クラシックなWatermelon系やMelon系が好きな人や、独特なスカスカしたキレのあるウリっぽい甘さを求めている人は、試して損は無い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930