シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Limonchello(酸味のようなテイストが強く、吸いごたえが良い)

time 2015/11/25

Fumari / Limonchello(酸味のようなテイストが強く、吸いごたえが良い)

香りについて

酸味のようなテイストが強いレモンの香り。ビターさは控えめ。
Citrus系らしいガッシリした吸いごたえがあるのが特徴。Fumariは煙の質がウェットなものが多く、ややもすると煙がモッタリしがちだが、そういったことが無くFumariとしては珍しい煙の質。
FumariのLemonは他社と比べて非常に穏やかで、ソフトさに特化した仕上がりだったが、それとは大きく違いCitrus系らしいハードでボディのある吸いごたえがある。それでいてAFのLemonのような煙のドライさは無いので、良く出来ている。
また、煙を吐き終える時に鼻を抜ける香りが割と実物のレモンの香りに近い。微かだがラムネ菓子のような香りも感じられるので、お菓子っぽさが全く無いわけではないが、酸味のようなテイストが強いのも相まって、レモンの果肉の部分を思い切りかじった時のような香りを感じる。一部のカクテル系にあるアルコールを模したと思われるクセのあるケミカルさは無い。
実物のリモンチェッロに酸味が無く甘いだけであることを考えると、あまり実物に似ているとは言えないと思うが、酸味のようなテイストが強いガッシリしたLemon系と思って吸えば普通に美味しい。
 

煙について

煙の量はFumariの平均。煙の質はFumariの平均に劣る。酸味のようなテイストの強さが特徴であるため、煙の質は仕方ないと思う。もっとも、Citrus系に関してはノドへの当たりもテイストや吸いごたえの一部として受け取れるので、特に問題には感じなかった。
タバコ的な重さはFumariの平均。大抵の会社よりも軽い。具体的にはSBの1/2~2/3程度の重さ。
やや強めの火加減で吸う方が特徴である酸味のようなテイストがシッカリと出るが、そのぶんノドへの当たりがハードになるため、好みで調節するのが良いと思う。強めの火加減でも崩れないことを考えると、安定感は非常に良い。
なお、ロットごとのブレの範囲内ではあるが、Fumariとしてはややシロップの量が少なめで扱いやすいと思った。Fumariのフレーバーは、シロップを多く入れ過ぎると煙は出るが香りのノリが悪い状態に陥りやすいため、これぐらいの方が詰める作業や火の調節が楽である。
Fumariにしては珍しく、ボディのあるガッシリした吸いごたえの煙。扱いやすいのも良い。
 

(総評)79点

FumariのLemonやAFのLemonと吸い比べながらレビューを書いたので、このへんの比較は正確だと思う。
個人的にサッパリしたフルーツの香りが好きなので、なかなか美味しいと思った。目新しさのある香りでは無いが、基本に忠実かつ良く出来ている。
上でスッキリしたLemon系とザックリ書いたが、微かにラムネ菓子のような香りがある。これはAFSEのSparkleやSBのFuzzy Lemonade、HAZEの何だかよく分からないフルーツMixに見られる香りである。ただ、それらと比べると非常に控えめなので、ほとんど気にならないと思う。AFのLemonと比べると、煙の質が良く香りにも奥行きがある。
爽やかだがソフトで優しい吸いやすいレモンの香りを求めるなら、FumariのLemonLemon Mintをオススメする。AFのCitrus with MintやナハラのIce Lemon MintなどのガッシリしたCitrus系が好きれあれば、これをオススメする。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31