シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Dark / Hipster Mint(主張の強すぎないGum系の香りがある、シャープで冷たいMint系)

time 2019/01/10

Trifecta Dark / Hipster Mint(主張の強すぎないGum系の香りがある、シャープで冷たいMint系)

香りについて

控えめなGum系、あるいはSpear Mint系の香り。
メインは最近のアメリカの会社がこぞって出しているシャープで冷たい強めの清涼感。
清涼感の強さ自体は、TFDのDeath by IceTangiersのCane Mintと同じか、それより少し弱い。おおよそAFのMintの2~3倍だろうか。
煙を吐き終えるときに、AFのGumを1/4~1/3ぐらいに薄めたような、歯磨き粉っぽい香りと独特な厚みのある人工的な甘さを感じる。薄めなので、AFのGumほどの主張の強さやクセは無い。
ちなみに、Gum系の香りをグッと薄めると、Spear Mintっぽい商品名で出ているフレーバーの香りと近い感じになるので、人によってはSpear Mint系の香りと感じるかもしれない。
なお、TFDはダークリーフを使っているが、それによるベースの香りは弱めなので、言われてみると背後に何か有機的な香りがあるかな、という程度。
清涼感のシャープさやGum系の香りの濃さなど、AB OriginalのProfessor Gumbledoreに近いと思った。TFDのDeath by Ice:適当なGum系=3:1か4:1ぐらいでMixしても、これと似た香りになりそう。
主張の強すぎないGum系の香りがある、シャープで冷たいMint系。

煙について

煙の量はTFDの平均。煙の質はTFDの平均か、それよりわずかに良い。
まずまずウェットな煙で、清涼感も手伝ってスムーズな吸い心地。ちなみに、空気に晒す必要は無かった。
タバコ的な重さはTFDの平均で、やや重め。SBVより少し重く、おおよそAFの1.4倍ぐらいの重さ。AzBと同じか、それより少し軽いぐらい。
香りの持ちはTFDの平均。時間とともに清涼感は薄れていくが、香り自体の変化は少ない。時間とともに一定して順当に薄れていく。
安定感はTFDの平均。火が強すぎると変な酸味が少し出るが、Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは無いと思う。
陶器のPhunnel系で作る方がシリコンボウルで作るよりも、甘さが少し控えめになり清涼感がキリッと出る。Gum系の香りの濃さは同程度。
個人的には陶器のPhunnel系で作る方が良いと思ったが、このへんは好みの問題。
清涼感も手伝って吸い心地や吸いごたえは良い。他はTFDの平均。

(総評)74点

個人的には割と好きだが、TFDのDeath by IceかDurty Mintの方が万人受けしそうだと思う。
一応、AFのGumよりは主張やクセが強くないので、よくあるGum系よりは受け入れられやすい気がする。
ただ、店での様子を見ているとやはりGum系やSpear Mint系はあまり人気が無く、Mixに使うにしても妙に主張が強く使いづらい。とは言え、多くの会社がGum系やSpear Mint系を1つは出してたりするので、なんだかんだ需要はあるのだろう。
Gum系の香りが入ったTFDのCool Cinnamon Gumがあるものの、Gum系単体はTFDに無かったので、そのあたりの隙間を埋めてきたのかな、という印象。
TFDのMint系で言うと、シャープな清涼感と少々のビターさがあるキリッとしたものであればDeath by Iceを、それより少し甘めでビターさが控えめなものであればDurty Mintを、主張やクセが控えめなGum系あるいはSpear Mint系であればこれを選ぶとよいだろう。
AB OriginalのProfessor GumbledoreTangiersのExperimintが好きであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031