シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Experimint(Spear Mint系、あるいは歯磨き粉っぽさが控えめのGum系)

time 2017/10/30

Tangiers Noir / Experimint(Spear Mint系、あるいは歯磨き粉っぽさが控えめのGum系)

香りについて

TangiersのCane Mintとは違った、Spear Mint系の香り。あるいはGum系。
AFのGumと似たような香りだが、それと比べると人工的な厚みのある甘さがずっと控えめで、Spear Mint系の香りだが歯磨き粉っぽさは少ない。
この香りとTangiersのベースの香りとの相性もなかなか良く、渋好みのする仕上がり。
清涼感はCane Mintと似てシャープな感じだが、それより少しだけ弱い。火加減にもよるが、おおよそCane Mintの3/4~4/5ぐらいだろうか。また、TFSのDeath by IceAB OriginalのAlpine Mintあたりと比べると、少しだけAFのMintのようなマットさがある。
香りの濃さ加減、清涼感のシャープさ、ダークリーフの香りの活かし方など、AB StoutのGuminatiと似ていると思う。
基本的にはGum系と書いても通じる香りだが、AFのGumのようなコテコテのGum系と比べると歯磨き粉っぽさがずっと控えめで、Spear Mint系の香りに感じられる。

煙について

煙の量はTangiersの平均。煙の質はTangiersの平均か、それよりわずかに良い。
他のTangiersのフレーバーより少し煙の質がきめ細かで、清涼感もあるためノド越しがスムーズで良い。
タバコ的な重さはTangiersの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらい。
香りの持ちはTangiersの平均。時間とともに清涼感は徐々に薄れて少し甘さが前面に立つが、変な崩れ方などはせず、時間による香りの変化は少ない。
安定感は良い。他のTangiersのフレーバーより高温に耐える印象で、強めの火加減で維持していても清涼感が強く出るだけで、香りや煙の質は崩れにくい。
煙の質や扱いやすさなど、なかなか優秀。スムーズだがボディがあって楽しめる煙。

(総評)86点

個人的にMint系が好きで、Gum系も割と好きであるため、これも楽しめた。
AFのGumと比べると、独特な厚みのある人工的な甘さが控えめで歯磨き粉っぽさが少ないため、Gum系と言うよりはSpear Mint系の香りなのが良かった。
また、このあたりの香りとTangiersのベースの香りが、お互いのクセを打ち消し合っているのも良かった。
AFのGumも嫌いじゃないが少し歯磨き粉っぽすぎると思う人や、AB StoutのGuminatiが好きな人に良いだろう。
そのあたりやTangiersのCane Mintが好きならば、一度は試す価値はある。こういう気分の日もあると思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930