シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend / Peppermint Mocha(強い清涼感が特徴のチョコミント)

time 2016/02/20

Alchemist Blend / Peppermint Mocha(強い清涼感が特徴のチョコミント)

香りについて

強い清涼感が特徴のチョコミント。
煙を吸う際にノドに冷たさを感じる非常にシャープな清涼感で、ABのAlpine Mintと同じ香料が使われている。
チョコレートの香りはFumariのMint Chocoate Chillと似た感じだが、ややABのベースの香りと一体となっている感がある。そのため、香りの輪郭がボンヤリしており、チョコレートだという分かりやすさに少し欠ける。そのかわり、AFのChocolate with Mintのような駄菓子っぽさは無い。
このあたりの、シャープなミントが強くチョコレートの香りがボンヤリしているというバランスは、ナハラのChocolate Mintを思い出させる。
変なケミカルさやクセは無いので、まぁまぁ普通にチョコミントで納得いく香り。
 

煙について

煙の量と質はABの平均。きめ細かくボリュームのある煙が良く出る。
ABは煙の質がスムーズでタバコ的にも軽いため、煙自体の吸いごたえは弱めだが、強めの清涼感がそのあたりをカバーしている。
タバコ的な重さはABの平均で軽め。Fumariよりは重いが、SBよりは軽い。
香りの持ちはABの平均より少し短い。清涼感の持ちは良いが、チョコレートの香りは割と早めに薄れてベースの香りと渾然一体になる。
他のABのフレーバーと比べると少し香りが出にくいので、カットはし直さず、良くほぐしてボウルに詰める方が香りの出が良かった。香りを十分に出すにはシッカリと蒸らしたりする必要があるので、焦げにくくはないが安定感は微妙。
煙の量や質は悪くないが、少し香りが出にくい。
 

(総評)65点

個人的にチョコミントはそこまで好きでないが、その中で強いて好きなものをあげるなら、AFのChocolate with Mintである。
ただ、AFのChocolate with Mintはチョコレートの香りがハッキリしていて分かりやすい分、いくらかココアシガレットのような駄菓子っぽさがある。
このへんの個人的な好みから点数は低めにつけたが、AFのChocolate with Mintがあまり好きでないという人には、こちらの方が好みに合うかもしれない。これより高得点がつくだろう。
FumariのMint Chocolate Chillは、わずかだがスペアミントの香りが入っており、人によってはそれをクセと感じるようなので、このあたりは好みの問題だと思う。
ベースの香りも相まって多少の分かりにくさはあるが、作りこまれたチョコレートの香りを楽しめる。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728