シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Darkside Core / Dark Passion(非常に分かりやすいパッションフルーツの香り、シンプルかつ良く出来ている)

time 2024/03/25

Darkside Core / Dark Passion(非常に分かりやすいパッションフルーツの香り、シンプルかつ良く出来ている)

香りについて

香りの輪郭が非常にハッキリしている甘めのPassionfruit系単体。
マッタリした甘さが強めで、非常に分かりやすいパッションフルーツの香り。変な工夫やMixに逃げていない、過不足の無い出来。
後味の部分にMango系によくみられるワックスっぽい香りが少々感じられ、なんとなくのトロピカルフルーツっぽさがある。AFのSweet Passion Fruitに見られたような目立つ酸味は無い。
実物のパッションフルーツはそこそこ酸味があるので、実物のそれと言うよりは、ケーキなどに使われるパッションフルーツのピューレを思わせる香りになっている。
何かしらのお菓子などでパッションフルーツの香りを知っているなら、確かにそれと分かるであろうストレートでミニマルな作り。
シンプルだがPassionfruit系として十分な出来。

煙について

煙の量と質はDarksideの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。Tangiersより少しだけウェットかな、という感じの煙。
タバコ的な重さはDarkside Coreの平均。AFと同じか、それより少し重いぐらい。多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
香りの持ちはDarksideの平均で、時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく。
安定感はDarksideの平均。シロップが多いダークリーフのフレーバーという感じで、他社のそれと同様に結構な高温に耐える。
ボウルによる香りの出方に大きな差はなかった。個人的には、シリコンボウルで作る方が煙の質と香りの相性が良いように思うが、人によっては少しクドいと感じるかもしれない。このへんは好みの問題。
平均的なDarksideの煙といったところ。

(総評)78点

Passionfruit系に思い入れは無いが、シンプルかつ良く出来ていると思った。
変な工夫などの無い非常にストレートな作りで、多くの人がパッションフルーツを想起するであろう、分かりやすい香りなのが良い。
そもそも、Passionfruit系は何か他の香りとMixになっていることが多く、単体は意外と珍しい。その中でも過不足の無い直球な作りであり、優秀。香りの輪郭が非常にハッキリしているので、Mixにも使いやすいと思う。
なお、実物のパッションフルーツっぽい酸味を求めているなら、AFのSweet Passion Fruitの方がオススメ。
MHのTropic Juice、Al FakhamaのPassion Fruit、このあたりが好きならば試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031