シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Sweet Passion Fruit(よく熟した甘さも酸味も強めのパッションフルーツといった香りで、再現度は高め)

time 2019/10/03

Al Fakher / Sweet Passion Fruit(よく熟した甘さも酸味も強めのパッションフルーツといった香りで、再現度は高め)

香りについて

よく熟した甘さも酸味も強めのパッションフルーツといった香りで、再現度が高い。
トロピカルフルーツらしいトロッとしたテイストの甘さがあり、そこにやや強めのキリッとした酸味が混じる。
酸味は結構ハッキリしていて強め。強いて言うなら、AFのLemonの酸味の部分だけを抜き出し1/2~2/3ぐらいの強さにしたような感じ。
AFSEの7のPassion Fruit系の香りの部分より酸味が強く、こちらは単体ということもあり、香りの輪郭がハッキリしている。
SBのPassion Fruitは酸味が無く、トロピカルフルーツらしいトロンとした甘さとMango系に見られるワックスっぽいテイストが強かったので、これとは異なる作り。
酸味が非常に良い仕事をしており、SBのPassion Fruitよりは少し香りの輪郭がボヤけ気味なのもあって、ピューレと言うよりも実物のパッションフルーツを想像させる香りになっている。
確かにパッションフルーツで納得の香り。なかなかの再現度。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
割とハッキリした酸味があるので、それによるノドへの当たりはあるが、AFのLemonなどよりは控えめ。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均。時間による香りの変化は少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はAFの平均。火が強いと酸味が少し強く出たりはするが、焦げたりはしにくい。
平均的なAFの煙と言ったところ。

(総評)81点

Passion Fruit系を出している会社が少なく、当たりも少ないが、これは良く出来ていると思った。
ただ、主だった海外通販で扱っているのを見たことが無く、入手性が悪いのが非常に残念。入手性さえ良ければ、普通にPassion Fruit系の定番として定着していただろうと思う。
ケーキなどに入っているパッションフルーツのピューレのような、香りの輪郭がハッキリした香りであれば、SBのPassion Fruitを試すと良いだろう。こちらは海外通販を利用しているのであれば、入手性は良い。
AFSEの7やAl FakhamahのPassion Fruitが好きならば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031