Alchemist Blend / Bloodmoon Savage(ブラッドオレンジ、なかなか再現度が高い)シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend / Bloodmoon Savage(ブラッドオレンジ、なかなか再現度が高い)

time 2016/04/09

Alchemist Blend / Bloodmoon Savage(ブラッドオレンジ、なかなか再現度が高い)

香りについて

Grapefruit系とOrange系の中間ぐらいの香り。煙を吐き終えたあとの余韻にフローラルな香りがあるのが特徴。
酸味と甘さを基調とするスッキリしたOrange系やLemon系とは違い、ビターさと甘さを基調とするドッシリしたCitrus系の香り。
名前からブラッドオレンジを模したフレーバーだと思われ、Citrus系に特有のビターさと酸味が強め。試しにブラッドオレンジのジュースを飲んでみたが、ビターさの加減や香りなど、なかなか再現度が高いと感じた。
ビターなテイストはAFのGrapefruitと似ているが、それと比べると1/3程度で薄め。AFはビターさが強すぎて少しクセがあったが、これに関しては絶妙な濃さで調度良い。
煙を吐き終えたあとの余韻に、Rose系に似たフローラルな香りが少々ある。まず間違いなくグレープフルーツのビターテイストの一部だと思うが、個人的には少々ローズっぽい香りを感じた。
この余韻のおかげで、他のCitrus系とは少し違ったドッシリした独特な厚みが出ている。香り自体は大きく異なるが、このあたりはFumariのTangeloと似たような方向性だと思った。
ちなみに、パッケージには果実の赤い柑橘類・アップル・オレンジ・チェリーの絵がプリントされている。煙を吐き終えるときに、わずかにチェリーっぽい香りがする気もするが、よく分からない。ハッキリしたアップルとチェリーの香りは無い。
なかなか再現度が高いブラッドオレンジの香りで、他社には無い特徴的なビターさもあって良い。
 

煙について

煙の量はABの平均。煙の質はABの平均に少し劣る。
Citrus系はビターさや酸味を模したテイストが強くなると、どうしても煙の質がノドに障るようになる。このあたりをCitrus系の吸いごたえと受け取れるか否かで、少し評価が変わると思う。AFのOrangeやLemonと比べればスムーズな部類なので、個人的には許容範囲内。
タバコ的な重さABの平均。香りと重さとの間に違和感は無い。
香りの持ちはABの平均より少し長い。香りの変化なども無く、最後まで一定して香る。
安定感はまずまず。火が強すぎるとノドに障る感じが出るので、普段よりフレーバーの量をやや少なめで作り、弱めの火加減から調節していくと良いだろう。
少し調節に気をつかう必要があるが、よくあるCitrus系の煙といった感じ。
 

(総評)76点

Grapefruit系は会社ごとに香りが大きく異なるので、試していて面白い。
スッキリしたシャープなCitrus系が好きたいときは気分でなかったりしたが、これも何だかんだかなり楽しめた。
ちなみに、AFはキレのあるビターさが強く少しクセがあり、CNはほとんどOrange系のような香り、SBのスタンダードラインはマッタリした甘さが強め、FumariのTangeloは厚みのある独特なビターさが特徴。ざっとこんな感じである。
個人的にはGrapefruit系だとSBBのGrapefruit Mintが一番好きである。グレープフルーツの香りと微かなスペアミントの香りの相性が良い。ただ、あれはサッパリした香りに特化したGrapefruit系だったので、これとは方向性が異なる。
FumariのTangeloの独特のビターさは好きだが、もう少しスッキリしたGrapefruit系が吸いたいなら、もっと高得点がつくだろう。
いずれにせよ出来は良い。試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031