シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Ugly / Guava(よくあるGuava系の香り)

香りについて

よくあるGuava系。
ナハラ MizoやAFあたりのGuavaと比べると、煙を吐き終えるときの青味が少し控えめで、スッキリした甘さが強い。
AB StraightのGuavaは、これより青味が少し控えめで甘さもスッキリしており、より全体にキレのある仕上がりだった。
Guava系の後味に特有のこのテイストは、強すぎると洗剤のような香りになりクセが強くなるため、これぐらいが万人受けする濃さだと思う。
そのあたりを考えると、細かな違いではあるが、ナハラ MizoやAFのGuavaよりもFumariのGuavaが好きな人向けだと思う。
ちなみに、UglyのMarcojeと比べると、煙を吐き終えるときの青さのようなテイストがハッキリと感じられ、やはりGuava系単体らしい香り。
個人的には青味のようなテイストの濃さにUglyらしさを感じたが、Guava系は各社どれも良く出来ている反面で似たり寄ったりな感もあるため、このへんは同時に吸い比べないと少し分かりにくいと思う。
Guava系は、どの程度の青味を求めるかで好みのものが決まると思う。これもGuava系単体としての最低限の出来はクリアしている。

煙について

煙の量と質はUglyの平均。
ナハラ Mizoのような煙のドライさや、AFのようなソリッドさなどは無い。今どきのアメリカの会社っぽい煙の質だと思う。
タバコ的な重さはUglyの平均で軽め。おおよそSBやABと同じぐらい。Fumariよりは重いが、AFよりは軽い。
香りの持ちはUglyの平均で長い。Uglyのフレーバーは総じて香りの持ちが長いが、これも他と同様。非常に良い。
安定感はまずまず。ABと同じような感覚で火加減を調節すると良い。SBよりは少し火の調節が簡単だと思う。あまり調子に乗って強めの火加減で維持していると焦げるが、Kaloud Lotusを使って普通にしていれば良い。
可もなく不可もなくという感じだが、香りの持ちが長い点は優秀。

(総評)76点

個人的には、Guava系とStrawberry系のMixであるUglyのMarcojeの方が好きな香りだった。
もっとも、実物のグァバの薄っすらした甘さを考えると、こちらの方がそれっぽい仕上がりではある。
ただ、Guava系の後味に特有の青臭さのようなテイストは、わずかにクセがあると思うので、このあたりは好みの問題。
Marcojeの方が、Strawberry系の可愛らしい甘さのおかげで、そのあたりがGuava系の爽やかさを損なわない程度に上手くフォローされていてクセが無いとは思う。
ナハラやAFのGuavaよりは青味が控えめでスッキリした甘さが強く、Guava系としてはソフトなので、FumariのGuavaが好きな人向けだと思う。
なお、個人的にはAB StraightのGuavaがキレが良くて好きだが、微かにTropical Fruits系っぽいアクセントがあるため、少しこれとは仕上がりが異なる。
細かな違いなので分かりにくくはあるが、青味のようなテイストの濃さにはUglyらしいストイックな微調整を感じる。
Guava系が好きで吸い比べているのであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031