シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Guava(Guava系に特有のテイストが控えめで吸いやすい)

time 2015/10/29

Fumari / Guava(Guava系に特有のテイストが控えめで吸いやすい)

香りについて

水々しい果物を想像させる、サッパリした甘い香り。
多くのGuava系に共通して見られる独特のテイストが他社より少し控えめ。そのため、際立った特徴こそ無いものの、全体により穏やかで吸いやすい。具体的には、ナハラ MizoのGuavaの鼻を抜けるテイストを1/3ぐらいにした感じ。このテイストは強すぎると洗剤っぽい香りに感じるので、このぐらいが調度よいと思った。そのぶん果物っぽい香りが感じられ、Fumariのベースの香りが目立たないのも良い。
昔ながらのシーシャのGuava系らしい香りが好きなら、気に入る可能性は高い。Guava系に共通する独特のテイストを、どの程度求めるかに応じて選ぶと良いだろう。
Fumariらしいソツのない出来。
 

煙について

煙の量と質はFumariの平均か、それより少し良い。Fumariらしい煙。ナハラ MizoのGuavaの煙の質を考えれば、煙は非常にスムーズで良い。
タバコ的な重さはFumariの平均で軽め。だいたいSBの半分ぐらいだろうか。香りの持ちはFumariの平均か、それより少し長い。Fumariの割に長く続く。安定感や火の調節の難易度はFumariの平均。Phunnelなら問題無く吸える。
 

(総評)73点

Guava系の中ではCNのBlue Guavaが一番好きだが、これも悪く無いと思った。
他社のGuava系にもよくある香りだが、Fumariらしくバランスなどの完成度は高い。Guava系に特有の水々しさのようなテイストを、どの程度求めるかに依るだろう。ナハラ MizoのGuavaのそれが少し強すぎると感じるならば、試す価値は大きい。他社と少し違った印象のグアバを吸いたいなら、CNのBlue Guavaが良いだろう。
煙の質はFumariらしくスムーズかつウェットで良いので、あとは好みの問題。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031