シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher SPARCS、個々の香りについて

Al Fakher SPARCSの概要や使い方については、こちらの記事を参照。
もとのフレーバーとMixしても大丈夫そうだが、それとは系統が大きく異なる香りのビーズを入れると、ビーズの香りやそれによる変化が分かりやすい。
そうすることでコントラストがハッキリして、もとのフレーバーが薄れ始めたときの微妙な物足りなさを補うという目的にも合っていると思った。
具体的には、Peach系のフレーバーに対してLemon系のSour Powerを加える、Lemon系のフレーバーに対してBerry系のFierce FruitやCream系のSmooth Creamを加える、みたいな感じだろうか。まぁ、このへんは好みの問題だとも思う。

個々の香りについて

Basil Blast
非常に再現度が高く、バジルの香りを知っていればハッキリとそれと分かる香り。良く出来ていると思った。
ただ、元のフレーバーが主張の強いものだと、ビーズの香りが分かりづらいことがあるので、そのあたりは少し注意が必要。
個人的に、SPARCSの中ではこれが一番好きな香りだった。Mint系単体やLemon系単体などのサッパリしたフレーバーのシメに非常に良いと思う。

Cool Menthol
AFのMintぐらいの清涼感と、ほんのりした甘さ。
ほんのりした甘さはあるが、AFのMintのようなグリーンな香りや、Gum系やSpear Mint系のような歯磨き粉っぽい香りは無い。
ちょっとした甘さを求めるなら話は別だが、清涼感が目的であればSub Zeroで事足りると思った。

Fierce Fruit
微かな酸味のあるRaspberry系に、可愛らしい甘さのStrawberry系を混ぜたような香り。
AFのBerry系によく見られる渋みや酸味、幾つかのStrawberry系に見られるヘタの部分のような青臭さは無いので、ストレートでクセが無い。
いくらかのケミカルさは感じるが、そのぶんハッキリした香りで分かりやすいのが良い。

Minty Fresh
AFのMintと非常に似ている。どことなくグリーンな香りと清涼感のあるビーズ。
清涼感の他はほんのりした甘さがあるだけだったCool Mentholと比べると、特徴や味わう部分がハッキリして良いと思った。
Mint系のビーズの中で最も香りがハッキリしており、これを入れると最後だけ急に全体がAFのMintになって面白い。

Smooth Cream
マッタリしたCream系のテイストと、微かなVanilla系っぽい甘さ。AFBMのIvory Goldに似ている。
もとのフレーバーがCoffee系や濃いめのChai系でなければ、押し負けることも少ないので、これも割と分かりやすく香りが出る部類。ただ、Cream系の香りであるため、いくらかもとのフレーバーとの相性を考える必要はあると思う。
サッパリしたものを吸っていて、最後にマッタリとした香りで満足感を得る、みたいな向きに良いと思った。

Sour Power
基本的にはLemon系だが、やや他社からレモネードっぽい商品名で出ているフレーバーっぽい香りで、割と強めの酸味が印象的。
酸味の強さはAFのLemonと似ているが、どことなくラムネのような風味があるため、全体として見るとLemonade系の香りになっている。
Fierce Fruitと同様、少々のケミカルさは感じるが酸味を含めて全体に香りがハッキリしており、分かりやすくて良い。満足感もある。

Sub Zero
シャープで冷たいクリアな清涼感。AFBMのPolar Freezeと似ている。
10粒でハッキリと強めの清涼感が出るので、主張が強いフレーバー相手でも負けることが無い。もとのフレーバーが何であるかも割と選ばない。汎用性が高い。
最後にキリッとした強い清涼感による満足感を得られるので、シメとして非常に良いと思った。

個人的な感想

個人的に良かったと思うものは、Basil Blast、Sub Zero、Sour Powerだった。
Fierce Fruitも、ややケミカルさはあるが香りがハッキリしていて悪くなかった。Minty FreshもAFのMintが好きな人には良いだろう。正直、Cool Mentholはちょっと中途半端だと思った。
持続時間が10~15分程度なので、少し物足りないけどフレーバーの状態的に炭を足すのもちょっと、みたいなときに加えるのが良かった。そうすることで、短時間ではあるが香りが持ち直し、良い感じに満足して終わりにできる。
タバコの葉ではないので、なんとなく邪道っぽさがあるものの、そういう先入観を捨てれば今までにないギミックで非常に面白かった。実用性もまずまず高い。
自分はものぐさなので毎回は使わないが、手元にあったら普通に気分次第で消費して、いつの間にか無くなってそうだと思った。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031