シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

フレーバーの保存について

今回はシーシャのフレーバーの保存について書こうと思う。
結論から書くと、ジップロック・フリーザーバッグ(中)が良い。

開封してから1週間程度で使いきるのであれば、付属の缶や箱に入れておくだけで大丈夫だが、それ以上置いておくのであればジップロックに入れておくことをオススメする。
Fumariはもとからジッパーがついているが、フレーバーが挟まるとキッチリ閉まらなかったり何だかんだガバガバなので、特にジップロックに入れて保存することをオススメする。Al Fakherも250g以上のパッケージは容器が変わってしまったので、箱ごとジップロック(大)に入れてしまうのが良い。
たまにタッパーウェアやガラスビンに移して保存しているのを見かけるが、あれは空気の入る余地が大きく、空気と触れる面積も大きい。シロップのロスも出るし、オススメできない。

保存する場所としては、適湿な冷暗所が良いだろう。
グリセリンは周囲の湿度によって、水分を放出したり空気中の水分を吸ったりする。シッカリと検証したわけでは無いが、この水の移動の際に香りも一緒に抜ける印象が非常に強い。
以前、梅雨の時期にフレーバーをボウルに詰めたまま放置していたら、フレーバーがビショビショになっていて香りが薄くなっていた経験がある。冷蔵庫も湿度が低く乾燥してしまうので、やめた方が良い。

以上のことから、ジップロックに入れて適湿な冷暗所で保存することをオススメする

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31