シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Orange(酸味とビターさがあり、ミニマルだが楽しめるAFらしい香りと煙)

time 2016/08/06

Al Fakher / Orange(酸味とビターさがあり、ミニマルだが楽しめるAFらしい香りと煙)

香りについて

シッカリした酸味のある、よく日を浴びて育ったオレンジのような香り。まずまず実物っぽい香りがする。
煙を吸うときに酸味のようなテイストが感じられ、煙を吐き終えるときにオレンジの皮目のような少々のビターさが感じられる。
Fumariあたりのスムーズさや吸いやすさを重視した最近のフレーバーと比べると、やはりCitrus系らしいシャープさが強くクラシックな仕上がり。
ただ、それらよりもシンプルで吸っていて馴染みが良く、ミニマルながら楽しめる香りと煙で非常にAFらしい。好みの問題は別として、これはこれで1つの完成形だと思う。
甘いフルーツの香りではあるが、Citrus系らしくスッキリと仕上がっている。クドさやクセが無く吸っていて飽きない。
 

煙について

煙の量はAFの平均。煙の質は使うボウルによって変わる。
陶器のPhunnel系やApple on Topなどで作ると、Citrus系らしいシャープな感じが強く出る。シリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせで作ると、AF GoldenのOrangeと似た穏やかさと爽やかさを両立した香りが出る。
個人的にCitrus系に関しては、ある程度ならノドへの当たりも酸味の表現と感じられるので、テイストや吸いごたえの一部だと思っている。好みの問題。
安定感は問題無い。シリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせであれば、そこそこ強めの火加減でもソフトな煙と香りが出る。陶器のPhunnel系などで作る場合は、気持ち弱めの火加減の方が無難だと思った。
タバコ的な重さ、香りの持ちはAFの平均。スッキリした香りであるため、実際よりも重く感じたりはしないと思う。
使うボウルによって煙と香りの出方が変わるため、調節の幅があって良い。
 

(総評)78点

Orange系は各社がシノギを削る定番のフレーバーなので、会社ごとに色々と微妙な差や特徴があって面白い。
AF GoldenのOrangeはこれより酸味とビターさが控えめで、Citrus系らしい爽やかさを保ちつつも優しい甘さがある。
FumariのOrangeは爽やかさに少し欠けるものの、煙の質や香りが非常に穏やかで、ソフトさに特化したOrange系だった。FumariのMandarin Zestは、それよりOrange系らしいシャープさが強かった。
SBにもマッタリした甘さが強めのTangerine Dreamや、酸味やビターさのあるクラシックなOrange系を少し今っぽくしたSBのOrangeなどがある。
どこの会社のOrangeも最低限の出来はクリアしており、どれが好みかは人によると思う。色々と試してみて欲しい。
一応、自分の身の回りでは、AF GoldenのOrangeやFumariのMandarin Zestの受けが良い。個人的には、AF GoldenのOrangeが最近試した中ではお気に入り。
AFのOrangeは定番であり、かつ1つの完成形だと思うので、Orange系が好きであれば試す価値はある。

コメント

  • 急なコメント失礼します。Al fakherは海外に住んでいた時からよく吸っていて個人的にローズやブラックベリーなどの250gの物を海外から個人輸入したり、Amazonやメルカリで出品されている物を購入したりしています。主様はフレーバーをどこでどの様に購入されているのでしょうか。 ご教授頂けますと幸いです。

    by Pukae €2019年12月2日 1:04 AM

    • はじめまして。僕は基本的に海外通販です。

      by ダビデ €2019年12月2日 3:33 AM

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031