シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Dark / Pearfect(やや火の調節が厄介だが、確かに洋梨の香りで非常に再現度が高い)

time 2017/06/23

Trifecta Dark / Pearfect(やや火の調節が厄介だが、確かに洋梨の香りで非常に再現度が高い)

香りについて

かなり再現度が高く、ハッキリとラ・フランスなどの洋梨の香りであることが分かる。
煙を吐き終えた後の余韻が非常に秀逸で、和梨には無い洋梨特有のトロンとした甘い香りが感じられる。
全体にマッタリした甘さが強めなのも、やや甘さがノドに残る感じはあるが、柔らかく熟した洋梨を思わせる。
洋梨の香りは割と珍しくSBやFumariには無い。AFにはPearがあるが、これより再現度がずっと低かった。そういった中で、誰もが洋梨で納得するであろう香り。
下記のように安定感には少し気になる点があるが、それを差し引いても良く出来ている。

煙について

煙の量はTFDの平均。煙の質はTFDの平均か、それに少し劣る。
下記のように序盤は弱めの火加減で維持する必要があり、やや甘さがノドに残る感じがある。中盤からは少し落ち着いて煙の質は良くなる。
タバコ的な重さはTFDの平均か、それより少し軽い。おおよそSBVと同じぐらいなので、そこまで負担になることは無いだろう。
香りの持ちはTFDの平均か、それより少し長い。中盤から相対的にやや甘さが強くなるため、香りの変化は少々ある。もっとも、序盤は香りの強いシャリシャリした固めの洋梨、中盤以降は良く熟した柔らかく甘い洋梨といった感じの香りなので、特に問題無い。
安定感はTFDの平均か、それに少し劣る。弱めの火加減で維持することで解決するものの、序盤は火の調節がややタイト。中盤からは落ち着くので割と適当で大丈夫。慣れの問題ではあるが、シリコンボウルで作る方が少し火の調節がしやすいと思った。
序盤の安定感と煙の質に難があるが、香りの出来の良さを考えれば少しお釣りが来る。ギリギリ許容範囲内。

(総評)83点

個人的に好みの香りで出来も良かったので、非常に楽しめた。
序盤の火の調節がタイトなのは少し面倒だったが、中盤からは落ち着いてきて煙の質もマシになるので、差し引きプラスマイナスゼロという感じ。香りの出来の良さを考えればお釣りが来る。
しかし、TFDのフレーバーは、Earl GreyLycheeやこれなど、他社に珍しく期待値の高いフレーバーはだいたい火の調節が面倒くさい。もうちょっと何とかならないのか、とか思う。
もっとも、自分は煙の量を重視し過ぎて強めの火加減になりがちなので、そうでなく日頃から弱めの火加減で維持することが多い人であれば、このへんが問題になることも少ない気はする。
誰もが洋梨で納得するであろう香りで、香りの出来は非常に良い。やや火の調節は厄介だが、オススメ。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31