シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Dark / Lavender Mint(ラベンダーの香りと、シャープな清涼感のミント)

time 2017/07/06

Trifecta Dark / Lavender Mint(ラベンダーの香りと、シャープな清涼感のミント)

香りについて

少々のビターさがあるシャープでキリッとした清涼感と、甘さの無いラベンダーの香り。
ちなみに、ラベンダーティーではなくラベンダーミントなので、紅茶系の香りは入っていない。
火が強すぎるといくらかの芳香剤っぽさが出てしまうものの、ラベンダーの香りの出来は良く、ちゃんと調節すれば生花のラベンダーのような香りがする。
もっとも、実物のラベンダー自体も香りが強いものなので、少々の芳香剤っぽさは許容されると思う。いずれにせよ、SBのフローラル系のような露骨な芳香剤っぽさや他社のRose系のような甘ったるさは無い。
Mint系の清涼感は強めで、ABのMint系のようなキリッとしたシャープな冷たさがある。また、煙を吐き終えた後に少々のビターさも感じられる。
このビターさが非常に良い仕事をしており、これのおかげで芳香剤っぽさがグッと抑えられて再現度を高めている印象。
他社には無い香りながら再現度が高く、ビターさなどのMixのバランスも良い。良く出来ている。

煙について

煙の量と質はTFDの平均。
清涼感が強いので、それによるノドへの当たりはあるが、煙の質自体は問題無い。下記のように安定感も良いので、煙のボリュームも出しやすい。
タバコ的な重さはTFDの平均か、それより少し重い。火加減にもよるが割と重い印象。SBVより少し重いと思う。
香りの持ちはTFDの平均。ラベンダーの香りよりも少し先に清涼感がピークアウトするため、香りの変化は少々ある。
安定感はTFDの平均か、それより少し良い。気持ち弱めの火加減の方が芳香剤っぽさが目立たないと感じた。火加減を強くすると清涼感も強く出るが、それでもラベンダーの香りは分かるので、好みによって調節しやすい。
安定感があって扱いやすく、目立った欠点なども無い。なかなか優秀な煙。

(総評)83点

他社には無い香りながら再現度が高く、良く出来ている。
芳香剤っぽさの無いフローラル系の香りだと、最近試した中ではTangiersのIndigo FlowerやRegal Flowerがあるが、それより何の花の香りかがハッキリと伝わってくる。
清涼感の強さとビターさなどのMixのバランスも良く、全体に非常にスッキリとまとまっているのも、Rose系や一部のJasmine系のようなクドさや甘ったるさが無くて吸いやすい。
香り自体は異なるが、AB StoutのStone MintSBVのAlaskan FreezeLavooのDark Mintあたりの、ダークリーフの香りでアクセント付けされたMint系が好きであれば、琴線に触れる香りだと思う。
上記のようなダークリーフの香りを活かしたMint系が好きであれば、これを気に入る可能性は高い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031