シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Phunnel Hookah Bowl Regular 火の調節

作り方はこちら

炭の量や気温にもよるが、基本的には最初から最後までKaloud Lotusのファンは1/3ほど開いた状態で吸うことが多い。

① 炭を入れたKaloud Lotusをボウルの上に乗せ、上のファンを1/3ほど開いた状態で3~4分ほど放置する
2~3分ほど放置したあたりで、2回ほどゆっくりと吸う。そうした方が、煙が本調子になるまでが少し早まる。
regular3

② 3~4分ほど放置したあたりで、再びゆっくりと吸ってみて、煙の調子を確認する
この時点で満足のいく煙と香りが出ているようなら、普通に吸って良い。
室温が高かったりすると、上記の放置時間でも焦げることがある。そのため、途中でゆっくりと吸ってみて調子を確認する作業は重要である。放置時間やKaloud Lotusのファンの開き具合を調節してほしい。

③ まだ煙や香りが薄いと感じたら、Kaloud Lotusをどけて中のフレーバーをひっくり返す
フレーバーの温度が下がったり、香りが逃げたりするので、この作業は焦らず手早くやると良い。
regular4

④ 途中でゆっくりと吸って煙や香りの調子を確認しつつ、再び2~3分ほど放置する
満足のいく煙と香りの濃さが出るようになったら、好みでKaloud Lotusのファンを調節しつつ、普通に吸う。

* 焦げたときの対処法
煙がキツかったり酸味のようなテイストを感じたら、焦げていると思って良い。
その場合、Kaloud Lotusのファンをどけて、しばらく吸うと良い。すぐに煙が落ち着くはずである。煙が落ち着いたら、再びKaloud Lotusのファンを乗せて吸う。
また、このタイミングでKaloud Lotusをどけて、中のフレーバーをひっくり返す作業を行うのも良い。程よくフレーバーの温度が下がってくれる。この際、放置する必要は無い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930