シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Harmony Hookah Bowl + Kaloud Lotus 火の調節

個人的には、Harmony Hookah Bowlはアルミホイルで作るのが良いと思うが、Kaloud Lotusで作っても一応のメリットはある。
必要なフレーバーの量の割に得られるものが少ないので、あまりオススメはしないが、掲載しておく。

Kaloud Lotusでの作り方はこちら

① 炭を入れたKaloud Lotusを乗せる。
Coco Nara 2ピースと補助の炭 2~3ピース。火力が必要なボウルなので、炭は入るだけ入れて良い
harmony3

② 5~6分ほど放置する。
2分おきに、2度ほどゆっくりと吸う必要がある。ゆっくりと吸うことで、フレーバーが早く温まる。何もせずに放置しているだけでは、なかなか煙が出るようにならない

③ それなりに煙が出るようになったら、Kaloud Lotusをどけて中のフレーバーをひっくり返す
フレーバーの熱が逃げるので、ひっくり返す作業は雑にならない程度に手早くやると良い。

④ Kaloud Lotusを乗せ、再び3~4分ほど放置する。
このときも、煙の調子を見る目的も兼ねて、2分おきぐらいに2度ほどゆっくりと吸うと良い。
室温にもよるが、おおよそ3~4分ほど経ったあたりで、煙と香りが本調子になるはずである。

* 焦げたときの対処法
どちらかと言うと、フレーバーが温まらず煙と香りが出ないのが問題になることの多いボウルではある。
もし、煙がキツかったり酸味のようなテイストを感じたら、焦げていると思って良い。
その場合、Kaloud Lotusのファンをどけて、しばらく吸うと良い。すぐに煙が落ち着くはずである。煙が落ち着いたら、再びKaloud Lotusのファンを乗せて吸う。
また、このタイミングでKaloud Lotusをどけて、中のフレーバーをひっくり返す作業を行うのも良い。程よくフレーバーの温度が下がってくれる。この際、放置する必要は無い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930