シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Black / Lemongrass(ライトなLemon系に似た香りに、若草のようなクセの無い爽やかでグリーンな香り)

time 2018/07/16

Azure Black / Lemongrass(ライトなLemon系に似た香りに、若草のようなクセの無い爽やかでグリーンな香り)

香りについて

酸味が控えめなLemon系に似た香りに、フレッシュハーブらしい爽やかな青い香りが混じる。
メインの香りはLemon系と言えばLemon系なのだが、ビターさが無く酸味も控えめで、ライトでクリアな感じが強い。
強いて言えば、FumariのLemon MintSBBのMighty Freezeのレモン部分のような香りだろうか。AFのLemonのようなクラシックなLemon系の香りではない。
そこに、清涼感とは違うが少しスッとしたテイストのある、若草のようなクセの無い爽やかでグリーンな香りが混じる。強いて言うなら、AFのMintのグリーンな香りを薄めて渋みを抜いたような香りだろうか。
このクセのないグリーンな香りによって、Lemon系には無いフッと鼻を抜ける軽やかさが出ており、やはり最終的な印象はLemon系とは少し異なる。
ただし、上記の香りはやや弱めの火加減で維持した場合で、火が強いとLemon系の酸味が出すぎて何だか分からなくなるので、その点は注意が必要。
フレッシュのレモングラスの香りを知っていれば、確かに上手く表現したと感じるだろう。個人的には地味に再現度が高いと思う。

煙について

煙の量と質はAzBの平均。
特徴である若草のような青い香りを出すにはやや弱めの火加減で維持する必要があるため、Lemon系に近い酸味は控えめに出て、煙の質はAzBの平均になる。
タバコ的な重さはAzBの平均。TFDと同じか、それより少し重いぐらい。おおよそAFの1.5~1.6倍ぐらいの重さ。
香りの持ちはAzBの平均。やや弱めの火加減で維持することになるが、それで香りの持ちを長く感じるということは特に無い。時間による香りの変化は少ない。意外と普通。
安定感はAzBの平均。ただし、上記のようにやや弱めの火加減で維持するのが無難。Citrus系特有のノドへの当たりを感じる場合、火が強すぎる可能性が高い。
なお、陶器のPhunnel系でもシリコンボウルでも、そこまで香りの出方は変わらないので、慣れている方を選べば良いと思う。
いくらか火加減に気を使う必要があるが、その他はAzBの平均的な煙。

(総評)79点

フレッシュのレモングラスの香りを知っていれば、確かにレモングラスで納得の香り。
レモングラスの香りが分からない場合、グリーンな香りのあるライトでスッキリしたLemon系、やや変わった仕上がりのLemon系と感じるのではないかと思う。
基本的には香草系のフレーバーだとは思うが、そこそこLemon系に近い香りが強いので、ローズマリーやタイムのような香りが強かったTFDのNatural Orderあたりと似たものを期待すると、少しハズレる可能性はある。
いくらかの分かりにくさはあるものの、特徴である爽やかな若草のような香りが他社には珍しくて良い。地味に再現度も高い。
Lemon系と香草系の香りが好きであれば、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031