シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Vanilla(マッタリしたクリーミィな甘さがあり、イメージのしやすいバニラの香り)

time 2016/09/27

Al Fakher / Vanilla(マッタリしたクリーミィな甘さがあり、イメージのしやすいバニラの香り)

香りについて

甘いバニラの香りと、何か漠然とシーシャっぽい香り、それと少々のマッタリしたクリーミィな甘さ。
タバコの葉の香りでは無いが、何か漠然とシーシャっぽい香りがあるため、AB StraightのVanillaFumariのFrench Vanillaあたりと比べると、バニラの香り自体の輪郭はボヤけ気味。
また、火加減にもよるが、序盤のみ少し渋味のようなテイストをノドの奥に感じることがあった。これはBanana系に見られる皮と実の間の白いスジのようなテイストと似ている。この渋味のようなテイストはAB StraightのVanillaにも少なからず感じられたので、おそらくはバニラの香りの一部なのだろうと思う。
マッタリしたクリーミィな甘さはAFのCream系と似ている。この甘さのおかげで、全体として見たときに、バニラビーンズっぽい他社のVanilla系というよりも、バニラクリームのようなお菓子っぽさをイメージしやすい。
ちなみに、SBVのDark Vanillaもマッタリした甘さが強かったが、あれは甘さが強すぎてかえってバニラが分かりにくかった。それと比べると、やはりAFらしく露骨さややり過ぎ感が無くて良い。
後発のVanilla系と比べるとバニラの香りの輪郭はボヤけ気味だが、クリーミィな甘さよるイメージのしやすさがあり、何だかんだ確かにバニラだと分かる仕上がり。
 

煙について

煙の量と質はAFの平均。
ただし、火加減が強すぎると上記の渋味のようなテイストが出るため、ややノドに障る感じが出る。
タバコ的な重さはAFの平均。少々のマッタリした甘さはあるが、そのせいで実際以上に重く感じたりはしない。SBより少し重いかな、という程度。
香りの持ちはAFの平均か、それに少し劣る。AV StraightやFumariのVanillaと比べると、香りの輪郭がボヤけ気味であるため、バニラらしさが薄れるのが少し早いと感じた。
安定感はAFの平均に劣る。Vanilla系は他社のものも含めて火の調節が難しいものが多いが、これも同様。火加減が強すぎると酸っぱくなって香りが崩れる。少し弱めの火加減が良いだろう。
安定感と香りの持ちには少々の不満が残るが、ちゃんと調節すれば吸いごたえなどは良い。
 

(総評)63点

個人的にはVanilla系に思い入れが無いが、煙がAFなので何だかんだ楽しめた。
AB StraightやFumariなどの後発のVanilla系と違い、これはCream系のマッタリした甘さが強い。そのため、お菓子に使われているバニラの香りをイメージしやすかった。このあたりも楽しめた理由だと思う。
もっとも、実物のバニラエッセンスやバニラビーンズは、香り自体は甘いものの舌で感じる甘さは無い。そういう意味では、後発のVanilla系の方が再現度が高い。
再現度を求めるなら後発のVanilla系を、イメージのしやすさを求めるならこれを試すと良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031