シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Lavoo Heritage Reserve / Spiced Nectarine(スパイス入りの渋めのピーチティーのような香り)

time 2017/02/19

Lavoo Heritage Reserve / Spiced Nectarine(スパイス入りの渋めのピーチティーのような香り)

香りについて

マッタリした甘さのPeach系の香りと、漠然と何かSpice系っぽい香りのMix。
ダークリーフの香りが入っているため、全体として見るとスパイス入りの渋めのピーチティーのような香りに感じる。
Peach系の香りはAFのPeachを思い出させる仕上がりで割とクラシック。少々のキレ感のある今どきっぽいSBのPeach系などとは異なる香り。
煙を吐き終えるときに少しシナモンっぽい香りを感じるが、明らかにこれという香りはせず漠然としている。このあたりはSBVのPeach Spiceと似ている。
ダークリーフの香りはおそらく醗酵の進んだ渋めの紅茶を思わせる香りだが、Spice系の香りと混然一体になっており、その一部のように感じられる。
そのため、Peach系とJasmine系のMixだった白いボトルのSouthern Peachと比べると、少し香りの焦点が定まっておらず個性がハッキリしない。
良く言えば一体感があると言うことになるが、悪く言うとクセのあるボンヤリした変わり種のPeach系 Mix。
 

煙について

煙の量はHeritageの平均。煙の質はHeritageの平均か、それに少しに劣る。
火加減が強すぎると気管に障る煙の質になるが、他のHeritageのフレーバーより少し弱めの火加減で維持すれば問題無い。
タバコ的な重さはHeritageの平均。煙の質の問題から少し弱めの火加減で維持することになるため、やや軽めに感じる可能性はある。
香りの持ちはHeritageの平均。弱めの火加減で維持した場合、香りの持ちは少し長めになる。
上記のように火加減によっては煙の質にトゲが出る。弱めの火加減で維持するだけなので調節自体はそこまで難しくないが、安定感はHeritageの平均に劣る。
もっとも、自分は濃いめを目指して強めの火加減にしてしまう傾向があるため、人によっては問題にならないと思う。
他のHeritageと比べると少し火加減に気をつかう必要があるが、極端な扱いにくさは無い。
 

(総評)63点

個人的には苦手な香りだった。
白いボトルのSouthern Peachの方が個性がハッキリしていて良かったと思う。
Southern Peachは、Peach系とJasmine系のMixだったAFSEの66と似ており、66の評判が良かったことも考えると気にいる人は多いのではないかと思う。
このMixはAFSEの66以外には無いが、AFSEの数字シリーズは再販のアナウンスが無い(2017年2月18日現在)ので、その穴を埋める意味でも良い。
このあたりを考えると、出来だけでなく新しく好みのものを探すという意味でも、Southern Peachの方が試す価値があると思う。香りと煙を濃くしようとすると煙の質の粗さが目立つのも、個人的には結構気になった。
正直、これだったらSBVのPeach Spiceで間に合うかな、という気がしてしまう。
もっとも、これはAFのPeachに似たマッタリめのPeach系がメインで、SBVのPeach Spiceは少々のキレ感がある今どきっぽいWhite Peach系の香りがメインなので、多少の違いはある。
SBVのPeach Spiceが好きならば、試す価値してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031