シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Grapefruit(微かにOrange系に近い香りが入っているのが特徴)

time 2018/02/01

Nu Hookah / Grapefruit(微かにOrange系に近い香りが入っているのが特徴)

香りについて

微かにOrange系に近い香りが入っているのが特徴のGrapefruit系。
Grapefruit系に特有のビターさはAFのGrapefruitと似ているが、それより薄めで、そのぶんスッキリしたクリアな酸味が少し強い。
また、煙を吐き終えるときにAF GoldenのOrangeのようなソフトなOrange系と思われる香りがするのが特徴で、それによりAFのGrapefruitのような典型と比べてビターさや渋味によるアクが控えめな仕上がりになっている。
ちなみに、Nu HookahのGrapefruit Mintと同じ香料が使われていると思うが、Mint系が入っていないぶん、こちらの方が全体にボディがシッカリしておりOrange系っぽい香りもハッキリと感じる。
Grapefruit系としてはスッキリした酸味と、穏やかなOrange系の香りのおかげで、AB KFCのGrapefruit MashやSBBのGrapefruit Mintあたりとも違った少しサッパリめのGrapefruit系。
AFのGrapefruitとAF GoldenのOrangeを1:1でMixしたような香りと書いても通じると思う。

煙について

煙の質はNu Hookahの平均。
Nu Hookahらしい最近のアメリカの会社としてはAFに近いソリッドな煙だが、Citrus系に特有のハードなノドへの当たりは少ない。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。気になるような重さは無い。
香りの持ちはNu Hookahの平均で、やや長め。Nu Hookahは割と香りの持ちが長めなものが多い印象だが、これも同様。
安定感はNu Hookahの平均。Citrus系としては、強めの火加減でも煙の質が割と維持される。Kaloud Lotusを使っていれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
Citrus系としてはややソフトな煙の質で、まずまず扱いやすい。

(総評)79点

個人的にサッパリしたフルーツ系の香りが好きなので、これも楽しめた。
好みの問題ではあるが、AFのGrapefruitは少しビターさや酸味が強くてクドいと感じるので、そのへんが少し控えめでサッパリしているのが良かった。
いくらかOrange系に寄っている感はあるものの、Grapefruit系であることはハッキリと分かるし、これはこれでアリだと思う。
ちなみに、最近試したGrapefruit系の中では、AB KFCのGrapefruit Mashも渋味の加減が調度良くて良かった。
酸味や渋味がシッカリしたAFのGrapefruitよりライトなボディで、全体に穏やかなAB KFCのGrapefruit Mashよりサッパリした香り。
Mint系で薄まっておりOrange系の香りの立ちが少し違うので一概には言いにくいが、Nu HookahのGrapefruit Mintが店で人気だったことを考えると、これを気に入る人も多いと思う。
Orange系っぽい香りが入っているGrapefruit系というのは割と珍しいので、Grapefruit系が好きなら試して損は無い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930