シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Cool Lemon(クラシックなLemon系とスペアミントの香りの強いGum系のMix)

time 2017/08/25

Nu Hookah / Cool Lemon(クラシックなLemon系とスペアミントの香りの強いGum系のMix)

香りについて

クラシックなLemon系の香りと、スペアミントの香りの強いGum系の香りMix。
メインはナハラのLemonと似た香りで、TangiersのLemonなどと比べると少し酢酸のような酸味があり、昔っぽいと感じる。
酢酸のような酸味自体に少々の渋味/苦味があり、外国産の小ぶりで固いレモンを思わせる香り。非常にクラシックなLemon系の香りだと思う。
Gum系の香りは、AB OriginalのProfessor GumbledoreのようなスペアミントっぽいGum系と似ている。AFのGumのような主張の強い歯磨き粉っぽい香りや、厚みのある人工的な感じの甘さは控えめ。
AFのGumは歯磨き粉っぽい香りと人工的な厚みのある甘さが強く、それなりにクセがあるので、これぐらいの濃さの方がLemon系の香りへのちょっとしたアクセントという感じで調度良いと思う。
清涼感はまずまず強めで、おおよそAFのMintと同じぐらいだが、それよりも少しクリアさとシャープさがある。このあたりもAB OriginalのProfessor Gumbledoreと似ている。
Lemon系の香りは一周回ってクラシックなところに帰ってきた感じだが、Gum系の香りと濃さのバランスには今っぽさを感じる。
ナハラあたりのクラシックなLemon系に今っぽい控えめなGum系を混ぜて、少し煙の質をスムーズにした感じ。

煙について

煙の量はNu Hookahの平均。煙の質はNu Hookahの平均か、それに少し劣る。
酸味やビターさの強いクラシックなLemon系であるため、Citrus系に特有のノドへの当たりは強めだが、Citrus系が好きであれば吸いごたえの一部として受け取れる範囲。火加減を弱めにすればノドへの当たりは弱まるので、大きな問題では無い。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。おおよそAFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。SBやFumariよりは重いが、SBVよりは軽い。
香りの持ちはNu Hookahの平均。グラム数を統一して作ればAFより少し長持ちする。まずまず悪くない。
安定感は問題無い。強めの火加減だとCitrus系に特有のガッシリした吸いごたえになり、弱めの火加減にすると吸いごたえは程々に弱まる。焦げたり崩れたりはしにくい。
クラシックなLemon系らしい煙の量と質。

(総評)79点

ナハラからシーシャを始めた人にとっては、懐かしいLemon系の香りだと思う。
Lemon系の香りがNu Hookahらしいクラシックな作りのに対し、Gum系の香りと濃さのバランスは今どきで、コントラストが面白い。
主張の強すぎないGum系の香りが、Lemon系の酸味とビターさに対する程良いアクセントになっており、結構楽しめた。
極めて個人的な印象だが、ここ10年ほどの流れを見ていて、Lemon系は一周りしたように思う。
初めにナハラやAFのLemonのようなハードなLemon系から始まり、次にSBBのMighty FreezeFumariのLemonのような軽やかでソフトなLemon系が出て、そこからFumariのLimonchelloAB OriginalのLemonardo Da Vinciのような少しシッカリしたLemon系に戻ってきて、最近になってこれという感じ。
まぁ、極めて個人的な感想で、単に考え過ぎな可能性は高い。たわ言と思っておいて欲しい。
ナハラのLemonのようなクラシックなLemon系が好きだが、それだと少し煙の質が気になるという人に良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031