Al Fakher / Cherry(ダークチェリーで作った酸っぱめのジャムのような香り、ケミカルさやツンとした感じは控えめ)シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Cherry(ダークチェリーで作った酸っぱめのジャムのような香り、ケミカルさやツンとした感じは控えめ)

time 2018/05/06

Al Fakher / Cherry(ダークチェリーで作った酸っぱめのジャムのような香り、ケミカルさやツンとした感じは控えめ)

香りについて

コクのある甘い香りと微かな酸味が特徴のCherry系。
AB StraightのCherryやTangiersのCherry系とは異なり、ケミカルなツンとした感じが非常に控えめで、微かな酸味はあるが全体に穏やか。
アメリカのCherry系によくある芳香族化合物っぽいケミカルなツンとした感じは、確かに分かりやすくはあるものの、やはりチェリー味のガムやジェリービーンズのような人工的な香りに感じる。また、いくらかクセも感じる。
そのあたりのアメリカの会社っぽいCherry系の香りと比べると、いくらか香りの輪郭がハッキリしない部分はあるが、それでもチェリーの香りであることは普通に分かるし、そのぶんAFらしい馴染みの良さがある。
日本のサクランボの香りではないが、ダークチェリーで作った酸っぱめのジャムと言われれば、それなりに納得の香り。

煙について

煙の量と質はAFの平均。
少々の酸味はあるが、それのせいでノドに障るようなことは無い。AFらしいソリッドで満足感のある煙。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均より少し短い。時間による香りの変化は少ない。
安定感はAFの平均。火加減に応じて酸味が強く出たりはするが、焦げたり崩れたりはしにくい。
香りの持ちが少しだけ気になるが、その他はAFの平均的な煙。

(総評)68点

個人的にはアメリカの会社に良くあるCherry系よりも、こちらの方が好き。
ダークチェリーで作った酸っぱめのジャムと言われれば、それなりに納得の香りで、ツンとしたケミカルさが控えめなのが良かった。
CNのBlack PearlやFumariのCherryなど、近い作りのものは他にもあるが、最近試したのがAB StraightのCherrySB SerpentのNew Amsterdamだったので、そういえばこんなCherry系もあったな、という感じ。また、AFSEのLovely CherryはAFの割にアメリカの会社っぽい作りだったな、などとも思う。
ツンとしたケミカルな感じの無いCherry系を探しているのであれば、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031