シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Alchemist Blend Straight / Cherry(チェリー味のガムやジェリービーンズのような香り、ケミカル)

time 2018/04/29

Alchemist Blend Straight / Cherry(チェリー味のガムやジェリービーンズのような香り、ケミカル)

香りについて

ケミカルでハッキリした香りのアメリカの会社っぽいCherry系。
実物のサクランボと言うよりは、チェリー味のガムやジェリービーンズのような香り。かなり前向きに解釈すれば、アメリカンチェリーを濃くしたような香り。
TangiersのMaraschino CherrySB SerpentのNew Amsterdamほどでは無いが、そこそこ杏仁豆腐やアマレットを濃くしたようなツンとした感じが強い。
そのため、コクのある甘い香りと微かな酸味がメインだったAFのCherryあたりとは異なる香りで、アメリカの会社っぽいCherry系と言った仕上がり。
サクランボを食べることの多い日本人的には、やはりチェリー味のガムやジェリービーンズのようなケミカルな人工香料っぽい香りに感じるだろうと思う。
ツンとした感じの強いアメリカの会社っぽいCherry系で、HAZEやNirvanaあたりにありそうな香り。

煙について

煙の量と質はAB Straightの平均。
過度なウェットさやタバコ的な重さは無いが、香り自体が濃い口であるため、吸いごたえは割とシッカリしている。
タバコ的な重さはAB Straightの平均で、AB Originalと同じ。AFよりは軽いが、Fumariよりは少し重い。
香りの持ちはAB Straightの平均より少し長い。もとがハッキリした香りなので、持ちは長めに感じる。
時間による香りの変化も少ないが、時間が経って少し薄まると、上記のような人工香料っぽいケミカルさが少し控えめになる。
安定感はAB Straightの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
タバコ的には軽いが、香りがハッキリしているため吸いごたえに満足感があって良い。

(総評)72点

アメリカの会社に良くある典型的なCherry系といった香り。
AB Straightは昔からある定番の香りの細かな欠点を微調整したような基本に忠実な作りのものが多いが、これも同様。良くも悪くもアメリカの会社っぽいCherry系に忠実。
TangiersのMaraschino Cherryのようなツンとした香りの非常に強いCherry系と比べると、そのあたりは多少控えめだが、やはりそれなりにクセのようなものを感じる。
欧米人には、このベンズアルデヒドなどの芳香族化合物っぽいツンとした香りは赤黒いチェリーを彷彿とさせるらしいが、日本人からすると人工的なチェリー味の何かという感じ。
そのあたりを考えると、AFのCherryの方が穏やかでクセが無いので、まずはそのあたりの中東の会社っぽいCherry系から試すのが無難だと思う。
HAZEやNirvanaあたりにありそうな、ケミカルで香りの輪郭がハッキリしたCherry系が好きであれば、試してみてもよいだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031