シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MYA / Vegas H2O(メロンミント、Melon系のウリ臭さとSpear Mint系の香りが一体になっており独特だが良いアクセント)

time 2020/04/10

MYA / Vegas H2O(メロンミント、Melon系のウリ臭さとSpear Mint系の香りが一体になっており独特だが良いアクセント)

香りについて

Melon系とSpear Mint系のMix。
メインのMelon系は、少し固めでシャリシャリした1つ数百円の小ぶりなメロンのような香り。
Melon系としてはアッサリした甘さで、ウリっぽい青臭さが少し強め。アメリカの会社のMelon系と言うよりは、AFのMelonに近い作りだと思う。
そこに、Gum系を何倍にも薄めたような、Spear Mint系の香りが入った清涼感が混じる。清涼感の強さはAFのMintの1/2~2/3ぐらいで、割とキリッとしていて強め。
MYAのRed Dragonほどの相性の良さは無いが、これもMixで邪魔になりがちなSpear Mint系の香りがMelon系の青臭さと一体になって、良いアクセントになっている。
ちなみに、パッケージには、パッションフルーツとカンタロープとストロベリーとメンソールのMixと書いてあるが、ハッキリしたPassion Fruit系やStrawberry系の香りは感じられなかった。
一応、煙を吐き終えるときに微かにPassion Fruit系っぽい甘い香りを感じるような気もするが、基本的にはMelon系の香りに押され気味で良く分からない。気のせいと言われたらそれまで。
Melon系のウリ臭さとSpear Mint系の香りが一体になり、独特だが良いアクセントになっているメロンミント。

煙について

煙の量と質はMYAの平均。
それなりにハッキリした清涼感やMelon系のウリっぽい青臭さがあり、過度なウェットさも無いので、ノド越しは割とスッキリしている。
タバコ的な重さはMYAの平均。SBのスタンダードラインと同じぐらい。AFより気持ち軽い。
香りの持ちはMYAの平均。中盤を過ぎたあたりで清涼感が少し先にピークアウトするものの、Mint系のMixの宿命といった感じで許容範囲内。
安定感はMYAの平均。火加減によって清涼感の強弱が若干変わったりはするが、火の調節自体は難しくない。
シリコンボウルよりも陶器のPhunnel系で作る方が、Melon系のウリ臭さが強めに出て、甘さもサッパリめに出る。そのため、陶器のPhunnel系で作る方が全体にキレが良く、MYAのRed Dragonと結構似た感じの香りになる。個人的には陶器のPhunnel系で作る方が好きだった。
陶器のPhunnel系で作ると、スムーズでキレの良い煙の質で、香りとの相性が良い。

(総評)76点

個人的には割と楽しめたが、MYAのRed Dragonの方が少しだけ完成度が高いと思った。
Melon系とWatermelon系という違いはあるが、ウリっぽい青臭さをSpear Mint系の香りとMixして、やや独特なキレの良さを出しているという点で、これとRed Dragonは同じ作り。
ただ、MYAのRed Dragonの方が清涼感が少し強く、甘さもこれよりサッパリしていたため、より全体にスッキリとまとまっている。その点でRed Dragonの方が特徴や方向性が明確だったと思う。
とはいえ、陶器のPhunnel系で作れば、これも割とRed Dragonと似た感じの香りになるので、このへんは人それぞれ好みの問題な気はする。
MYAのRed Dragonが好きであれば、試す価値はある。なんとなくだが、AF Fusionの3ALA MoodakTFDのNatural Orderが好きな人にも、刺さる可能性があると思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031