シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MALAKI / Copacabana(Berry系のMix、個々の香りやMixのバランスが絶妙)

time 2021/02/28

MALAKI / Copacabana(Berry系のMix、個々の香りやMixのバランスが絶妙)

香りについて

アメリカの会社っぽいBlueberry系:サッパリしたRaspberry系っぽい香り=2:1ぐらいのMix。
丸みのある甘さが強めのBlueberry系の香りがメインで、どことなくブルーベリー味のガムやキャンディっぽい香り。香りの輪郭はハッキリしているが、ケミカルさは目立たない。
AFのBlueberryなどの中東の会社に多く見られるBlueberry系とは異なる系統で、どちらかと言うとSBのBlueberry系やAzBのBerryManiaに近いと思う。
そこに、ラズベリーやアセロラなどを彷彿とさせる、微かな酸味のあるサッパリした赤いベリーっぽい香りが混じる。これも実物のそれらと言うよりは、ややキャンディやジュースのような香り。
中東のガッシリしたRaspberry系に見られる、酸味や後味の渋みなどは無い。強いて言うなら、AFのFreshから酸味や渋みを抜いたような香りだろうか。Nu HookahのRaspberryとも少し似ている気がする。
このRaspberry系のサッパリした香りのおかげで、Blueberry系の丸みのある甘さがクドくない程度に少し抑えられており、Mixのバランスが絶妙だと思った。
よくあるBerry系のMixだが、個々の香りやMixの配分などにMALAKIらしい細部の作り込みが感じられ、一体感があり完成度が高い。

煙について

煙の量と質はMALAKIの平均。
中東の会社らしいソリッドな煙で、吸いごたえに満足感がある。甘めではあるが、ノドに残るような甘さは無いのが良い。
タバコ的な重さはMALAKIの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはMALAKIの平均。安定感はMALAKIの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方には少々の差がある。シリコンボウルで作ると、Blueberry系の丸みのある甘さが強めに出る。陶器のPhunnel系で作ると、Raspberry系が少し前に出てきてサッパリめに出る。
平均的なMALAKIの煙と言ったところ。甘めではあるが、ノドに残る感じなどが無くて良い。

(総評)79点

個々の香りやMixのバランスが良く、なかなか楽しめた。
それ単体だとややもするとクドく感じたりしそうな、アメリカの会社に良くあるガムやキャンディっぽい甘めのBlueberry系が、酸味や渋みの無いサッパリしたRaspberry系によって少し抑えられているのが良かった。
ちなみに、MALAKIのBlue CloudにもBlueberry系の香りが入っていたが、あちらは中東の会社で良く見るAFのBlueberryを下敷きにした感じの香りだったので、それとの住み分けも出来ている。
言ってしまえば良くあるBerry系のMixなのだが、一体感があり完成度が高い。香りの輪郭はハッキリしているが、後味の渋みや残る甘さなどの粗が無いので、Mixにも使いやすいと思う。
AFのRaspberry RushAzBのBerryManiaあたりが好きならば、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930