Lavoo / Russian Tea(今まで試した中でも、最も出来の良いアールグレイの1つ) - シーシャブログ byダビデシーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Lavoo / Russian Tea(今まで試した中でも、最も出来の良いアールグレイの1つ)

time 2017/02/27

Lavoo / Russian Tea(今まで試した中でも、最も出来の良いアールグレイの1つ)

香りについて

誰もがアールグレイで納得するであろう香り。極めて再現率が高く、非常に出来が良い。
煙を吐いている最中は華やぎのある紅茶のらしい香りで、煙を吐き終えたあとの余韻にいたっては完全にベルガモット。
甘さ自体は控えめであるため、アールグレイらしいキリッとした感じが邪魔されていないのが非常に良い。実にアールグレイらしい。
また、煙の質もLavoo Heritageと違って、過度なウェットさの白いボトルのシリーズのものなので、モッタリしすぎずスッキリした香りとの相性が良い。
SBVのMorning Breezeも紅茶の香りが他よりハッキリしている点で良かったが、ちょっとモワッとした甘さが強すぎた。それを大きく上回る出来。
煙の質の点などを含めて考えると、絶版になったナハラのEarl Greyの美化された思い出をも簡単に上回る。
極めて良く出来ている。オススメ。
 

煙について

煙の量と質はLavooの平均。序盤の煙の質が粗かったナハラのEarl Greyのことを考えれば、煙の質は極めて優秀。
タバコ的な重さはLavooの平均。おおよそAFの1.3倍ぐらい、SBVの3/4ぐらいの重さ。ダークリーフではあるが常識的な重さ。
香りの持ちはLavooの平均か、それより少し短い。中盤終わりを過ぎたあたりで紅茶らしい香りがピークアウトし、Citrus系の香りが強めになってしまう。
安定感は問題無い。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火加減を強くしても、煙が粗くなったり香りが崩れたりしない。
香り出来が極めて良いだけに持ちの短さが残念だが、それを差し引いても、やはり煙の質など良く出来ている。
 

(総評)85点

アールグレイはファンが多いので色々と探したのだが、とうとうナハラのEarl Greyの絶版の穴を不足なく埋めるものが見つかった気持ち。
個人的にはEarl Grey系に思い入れは無いのだが、それでも非常に良く出来ていると感じるので、好きな人にはたまらないと思う。
香りの持ちが少し短いのが残念だが、甘さが控えめなのが非常に良く、中盤までの香りは完全にアールグレイで極めて再現率が高い。
まだ試していないLavooのフレーバーが3種類あるが、個人的な好みを別にすると今のところこれが一番の収穫という気がしている。
なお、紅茶の香りの部分にラベンダーや甘さの少ないJasmine系などに通ずるテイストがあるため、そのあたりが好きな人にも良いと思う。
Earl Grey系や紅茶系が好きであれば、間違いなく気に入るだろう。自信を持ってオススメする。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031