シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

StarBuzz Serpent / Sting Mint(ダークリーフの香りを活かしたシャープで冷たいMint系)

time 2017/11/12

StarBuzz Serpent / Sting Mint(ダークリーフの香りを活かしたシャープで冷たいMint系)

香りについて

シャープでキリッとした冷たい清涼感と、ダークリーフによる有機的な香り。
清涼感はAB StoutのStone MintやAB OriginalのAlpine Mintと似ており、冷たくクリアでシャープ。SBVのAlaskan Freezeより少しキリッとしている。AFやNu HookahのMintのようなマットさは無く、Spear Mint系の香りなども無い。
ダークリーフの香りはSBVと比べると甘さが控えめで、いくらかのスモーキーさと枯葉っぽい香りが強く、微かにビターと渋味があってスッキリとしている。伝わりにくいと思うが、バーナーで表面を焼いた木材を丁寧にヤスリがけした後のような香りか。
シンプルな強めで冷たい清涼感なので、ダークリーフの香りが良く感じられる。ダークリーフの香りを楽しむMint系といった感じで、AB KFCのMoonShine MintやAB StoutのStone Mintと同じ作り。
ダークリーフの香りが強い順に並べると、FS CastroのCana de Menta>>TangiersのCane Mint=LavooのDark Mint≧AB KFCのMoonShine Mint>これ>AB StoutのStone Mint=SBVのAlaskan Freeze、こんな感じだろうか。
AB KFCのMoonShine Mintあたりと比べると、より万人受けしそうなダークリーフの香りの濃さ。

煙について

煙の量と質はSB Serpentの平均か、それより少し良い。
煙の質が清涼感でカバーされるのと、安定感があり煙の質自体も崩れにくいのとで、ボリュームを出しやすい。
タバコ的な重さはSB Serpentの平均。おおよそSBVと同じか、それよりわずかに重いぐらい。おおよそAFの1.5倍ぐらいの重さだと思う。
香りの持ちはSB Serpentの平均。最近のアメリカの会社に多いシャープな清涼感のMint系としては、時間による香りの変化も少なく、まずまず持ちが良い。
安定感はSB Serpentの平均か、それより少し良い。強めの火加減にすると相応して清涼感が強く出るが、崩れたり焦げたりはしにくい。
割と扱いやすく、これと言った欠点も無い。なかなかの煙。

(総評)91点

良く出来ていると思う。非常に好みの香りだった。
個人的にダークリーフのMint系では、TangiersのCane MintやAB KFCのMoonShine Mintが好きだが、これも同じぐらい好み。
TangiersのCane Mintと比べると、こちらの方が清涼感がクリアでシャープで、ダークリーフの香りも土臭さが控えめでスモーキー。AB KFCのMoonShine Mintと比べると、清涼感の感じは似ているが、こちらの方が甘さが控えめ。そのため、それら2つよりビターにキリッと引き締まった仕上がり。
ダークリーフの香りを良く活かしたMint系。AB KFCのMoonShine MintやAB StoutのStone Mintが好きであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930