シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

StarBuzz Serpent / Kings Tea(華やぎのある紅茶系の香りが少し強めのEarl Grey系、良く出来ている)

time 2017/12/07

StarBuzz Serpent / Kings Tea(華やぎのある紅茶系の香りが少し強めのEarl Grey系、良く出来ている)

香りについて

Earl Grey系:SBVのMorning Breezeのような紅茶系=1:1ぐらいの香り。
LavooのRussian Teaより華やぎと広がりのある紅茶系の香りがずっと強く、そのぶんキリッとしたベルガモットの香りが少し控えめ。
紅茶系の香りは強めだが、煙を吐き終えたあとの余韻が完全にベルガモットなので、Earl Grey系であることはハッキリと分かる。
SBVのMorning Breezeと似た紅茶系の香りであるため、Russian Teaより全体にマッタリした甘さが強い。甘い順に並べると、LavooのRussian Tea>>TFDのEarl Grey>これ、こんな順だと思う。
ただ、TFDのEarl Greyはグリセリンによる後に残る甘さだったので、こちらの方が紅茶系の香りが入っていることによるフレーバー自体の甘さという感じで好印象。
既存のEarl Grey系とは違った特徴があり、ちゃんと差別化されている。この辺は好みの問題ではあるが、Earl Grey系の選択の幅が広がったと思う。

煙について

煙の量はSB Serpentの平均。煙の質はSB Serpentの平均か、それより少し良い。
紅茶系の香りのおかげか、いくらかウェットさが強い。SBVのMorning Breezeと似たモワッとした煙。
タバコ的な重さはSB Serpentの平均。おおよそAFの1.4~1.6倍ぐらいの重さ。SBVと同じか、それより少し重いぐらい。
香りの持ちはSB Serpentの平均。中盤を過ぎたあたりで少し甘さが前に出てくるので、香りの変化は少々。
安定感はSB Serpentの平均か、それより少し良い。TFDのEarl Greyのような扱いにくさは無く、Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ない。
なお、陶器のPhunnel系で作るよりシリコンボウルで作る方が、紅茶系の香りとそれによる甘さが強く出る。個人的には陶器のPhunnel系で作っても紅茶系の香りはシッカリと感じられるし、クドくなりすぎず良いと思った。
やや香りの変化が気になるが、その他は割と優秀。

(総評)84点

個人的にはRussian Teaの方がより甘さ控えめでキリッとしていて好きだが、これはこれでアリだと思う。
Russian TeaやTFDのEarl Greyより甘めではあるが、特徴である紅茶系の香りによる甘さという感じなので、こちらの方が好きという人も普通にいるだろう。
キリッとしたベルガモットの香りが強いものであればLavooのRussian Teaを、紅茶系らしい華やぎのある香りが強いやや甘めのEarl Grey系であればこれを選ぶと良いだろう。
Earl Grey系が好きであれば、試す価値はある。Earl Grey系の選択の幅が広がったと思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031