シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Lavoo / Lychee(着香の弱いライチのフレーバーティーを渋めに淹れたような香り、ベースの香りが邪魔)

time 2018/01/01

Lavoo / Lychee(着香の弱いライチのフレーバーティーを渋めに淹れたような香り、ベースの香りが邪魔)

香りについて

ややマッタリした甘さが強めのライチの香りだが、ベースの香りが邪魔。
フレーバー自体の香りはTFDのLycheeを薄めたような感じ。
実物よりやや強調されている感があるボンヤリしたマッタリめの甘さと、マンゴーやパッションフルーツとは違うが何となくトロピカルフルーツっぽい香り。
ただ、それ以上に紅茶っぽい香りを思わせるLavooのベースの香りが強く、フレーバー自体の香りが非常に分かりづらい。
そのため、全体として見ると、着香の弱いライチのフレーバーティーを渋めに淹れたような香りに感じる。
どことなく紅茶系を思わせるベースの香りと混じって全体としてフレーバーティーのような香りになっているのは、LavooのLemingradAdam & Eveと同じだが、それらよりフレーバー自体の香りとベースの香りの相性がイマイチな印象。
ライチの香りが分かりにくい。Lychee Teaみたいな商品名の方がまだ納得いく香り。

煙について

煙の量はLavooの平均。煙の質はLavooの平均に劣る。
最初に少し強めの火加減で蒸らして全体に火を回すことで幾らか改善するが、序盤はノドに障る煙の質。Lychee系の香料の関係なのか、TFDのLycheeも煙の質がイマイチだった。
タバコ的な重さはLavooの平均で、それなりに重め。おおよそSBVと同じぐらい、AFの1.3倍ぐらいの重さだと思う。
香りの持ちはLavooの平均。ただ、もとの香りがベースの香りに押されているため、フレーバー自体の香りは終始低調な感がある。
安定感はLavooの平均に劣る。上記のように序盤は煙の質がイガイガしており、どう調節しても限界を感じる。シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りや煙の質の出方に大きな違いは無い。
どうやっても煙の質が悪い。イマイチな煙。

(総評)58点

Lychee単体の香りを期待するとハズレると思う。個人的にはイマイチだった。
フレーバー自体の香りもTFDのLycheeと似た感じで目新しさが無いし、それもベースの香りのせいで非常に分かりにくい。
TFDのLycheeも煙の質や扱いにくさの点で色々と問題があるが、ライチ単体の香りを求めるなら、まだTFDのLycheeの方が良いと思う。
紅茶系が好きで良くMixに使う人であれば、試してみても良いかもしれない。もっとも、そんな人がどれだけいるかは疑問だが。
煙の質も良くないし、ベースの香りが邪魔。ライチ単体の香りと言うことであれば、個人的にはオススメしない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031